【国際】世界銀行、過去最大の米ドル建てグリーンボンドを発行

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は2月19日、これまで同行が発行してきた米ドル建てグリーンボンドの中で過去最大となる総額6億米ドル、10年固定金利のグリーンボンドを発行した。10年という償還期間も世界銀行が発行するドル建てグリーンボンドの中では過去最長となる。同グリーンボンドは気候変動問題へ対処するプログラムの支援に充てられる。  世界銀行は今回の債券発行によりグリーンボンド市場に新たな投資家を惹きつけ、更なる投資拡大を目指す。同行は現在既に世界18か国、 [...]

» 続きを読む

【国際】2014年の世界のサステナビリティ投資は2012年から61%増加の21.4兆米ドルに到達

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ投資を推進する国際イニシアチブのGlobal Sustainable Investment Alliance(以下GSIA)は2月24日、2014年の世界のサステナビリティ投資の状況についてまとめたレポート、"Global Sustainable Investment Review 2014"を公表した。  同レポートによると、世界のサステナビリティ投資運用額は2012年初頭の13,3兆米ドルであったが、2014年初 [...]

» 続きを読む

【国際】2014年に350億USドルまで到達したグリーンボンド市場の現状と課題

Facebook Twitter Google+

 2014年はグリーンボンド市場が大きく躍進した年となった。多くの企業や行政機関が環境プロジェクトに関する債権を発行し、投資家や資産運用会社らがこぞってそれらに飛びついた結果、2014年のグリーンボンド市場の世界で総額350億USドルに達した。  しかし、世界の債券市場は全体で91兆USドルあり、この新たな資金の流れが世界の環境問題に対処する上で十分なのかどうかを判断するのはまだ早計とも言える。また、多くのサステナビリティ・ESG投資 [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】欧州投資銀行、エネルギー効率化、生物多様性保護に向けた新たな融資スキームを公表

Facebook Twitter Google+

 EUの政策金融機関である欧州投資銀行(以下、EIB)は2月16日、エネルギー使用量の削減および生物多様性保護という2大テーマに対する民間セクターからの投資促進に向け、新たな融資プランを発表した。今後、EIBと欧州委員会は力を合わせ、PF4EE(Private Finance for Energy Efficiency およびNCFF(Natural Capital Financing Facility)という2つのイニシアチブを通じ [...]

» 続きを読む

【台湾】台湾証券取引所、GRIのG4に沿ったCSR報告を義務化

Facebook Twitter Google+

台湾証券取引所(以下、TWSE)は2月12日、一部の上場企業に対して2015年から毎年CSR報告を義務付けると発表した。Global Reporting Initiative(GRI)の発行する「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版」(通称G4)に準拠したCSR報告を義務づけるのは、アジア・パシフィック地域において台湾が初となる。 台湾の金融監督管理委員会が提案しTWSEが成文化した今回の新しい規則は、食品加工、金融、 [...]

» 続きを読む

【カナダ】サステナリティクス、ESGの観点から2015年に注目するべき10社を分析

Facebook Twitter Google+

ESGリサーチ大手のサステナリティクスは2月12日、ESG・サステナビリティの視点から現在の金融市場および個別10社のリスクと機会についてまとめた最新の研究報告書、 “10 for 2015 – Generating Value in a Fragile Market”を公表した。同報告書はマクロ・ミクロ双方の視点からESGに関する洞察を提供し、投資家の資産配分や資産選定プロセスを支援するのが狙いだ。 マクロレベルの視点では、歴史的な [...]

» 続きを読む

【国際】機関投資家ら、グリーンボンド市場の更なる透明性と規格化を期待

Facebook Twitter Google+

世界的にグリーンボンド市場が大きな成長を見せ続ける中、サステナビリティ分野の国際アドボカシーNGO、Ceresの機関投資家ネットワークInvest Network on Climate Risk(以下、INCR)は2月10日、グリーンボンド市場の健全な成長に向けて投資家の期待をまとめた声明書"Statement of Investor Expectations"を公表した。同文書は、クリーンエネルギー融資や気候変動対策ソリューションな [...]

» 続きを読む

【アメリカ】シティグループ、今後10年間で環境分野に1000億米ドルを投資

Facebook Twitter Google+

シティグループは2月19日、環境保護プログラムに今後10年間で1000億米ドルを投資すると発表した。同社は以前2007年に500億ドルの投資を行うことをコミットしており、2013年に目標を達成していた。今回はそれに続く新たなもので、金額は前回と比べ2倍以上に増加する形となる。今後、シティグループは再生可能エネルギー分野に融資し、そのプログラムに通じて世界エネルギー設備の利用率を高め、温室効果ガスを減少することを促進していく。 シティグ [...]

» 続きを読む

【国際】産業界、サステナビリティ課題に関わる機会の創出に自信

Facebook Twitter Google+

世界の産業界は水不足や化石燃料依存といったサステナビリティ課題を新たなビジネス機会に変える強い自信を持っており、特にその傾向は新興国市場の製造業、金融業界で強い。 これは、DNV GL、国連グローバルコンパクト、北欧最大のイノベーションシンクタンクMonday Morning Global Instituteが共同で1月20日に公表したレポート、”Global Opportunity Report”の中で明らかにされた傾向の一つだ。 [...]

» 続きを読む

【中国】第13次5カ年計画の柱に「グリーン金融」が盛り込まれる見込み

Facebook Twitter Google+

中国大陸の権威的な経済メディアである「央広財経評論」は、中国の中央銀行である中国人民銀行の潘功勝副総裁が、現在検討を進めている2015年から2020年までの中期計画「第13次5カ年計画(十三五計画)」において、グリーン金融が柱の一つになることを明らかにしたと報じた。 グリーン金融とは、金融機関の日常業務において環境保全を組み込んでいくことを言う。投融資の意思決定の際、環境に与える潜在的な影響を考慮し、環境条件と相関性のあるリターン、リ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る