Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【インド】最先端のモバイル技術を活用したBOP層向けヘルスケアサービスが急拡大

Facebook Twitter Google+

 貧困層の医療へのアクセスが大きな社会課題の一つとなっているインドでは、最先端のモバイルテクノロジーとクラウドを活用した革新的なヘルスケアサービスが急成長している。提供しているのは2010年に設立された社会的企業のSevamobだ。  同社はインド国内の中でも特に医療インフラが行き届いていない地域において、貧血を30%減らし、子供へのHIV感染を国平均の少なくとも半分まで低下させ、虫歯を25%減らすという目標を掲げている。同社は先日、 [...]

» 続きを読む
2015/07/26 最新ニュース

【トルコ】ノボノルディスク、倫理的な企業として3年連続ETIKAアワードを受賞

Facebook Twitter Google+

 糖尿病ケアのリーディングカンパニーとして知られる製薬大手、ノボノルディスクのトルコ支社は6月15日、その倫理的な事業慣行を認められ、トルコで最も倫理的な企業へ送られる"ETIKA2014"を受賞したと発表した。同社がこの賞を受けるのは今年で3年連続となる。  ETIKAアワードはトルコで企業倫理を推進するEDMER(Turkish Ethics Values Association)が主催しているアワードで、倫理とビジネスモラル、評 [...]

» 続きを読む
2015/07/14 最新ニュース

【ロシア】ノボノルディスク、糖尿病対策で年間15億米ドルの医療費節約が可能と公表

Facebook Twitter Google+

 今、BRICsをはじめとする新興国で大きな問題となっているのが糖尿病患者の急増だ。その中でもロシアは現在糖尿病と診断された人だけでも400万人、潜在患者も含めればさらに多くの糖尿病患者を抱ええている。この問題を解決するべく、グローバル製薬大手のノボノルディスクは、同社のロシアにおける糖尿病問題への取り組み、および糖尿病が経済・社会もたらす悪影響を抑制する可能性についてまとめた報告書、"Investing in diabetes ca [...]

» 続きを読む
2015/05/18 最新ニュース

【国際】製薬業界、「顧みられない病気」に対する取り組みが進展

Facebook Twitter Google+

 世界には"Neglected Diseases(顧みられない病気)"という問題があることをご存じだろうか?「顧みられない病気」とは、主に熱帯地方などを中心とする貧困地域で蔓延している寄生虫や感染症などの病気の総称を指す。これらの中にはマラリア、デング熱といった比較的有名な感染症からアフリカ睡眠病、シャーガス病といった先進諸国にはあまり馴染みのない疾患まで多くの病気が含まれ、貧困地域では毎年数多くの患者がこれらの疾患を理由に命を落とし [...]

» 続きを読む
2015/03/18 最新ニュース

【デンマーク】ノボノルディスク、2014年度の統合レポートを公表

Facebook Twitter Google+

デンマークに本拠を置く製薬グローバル大手のノボノルディスクは2月3日、2014年度の統合報告書を公表した。同報告書は同社の財務・社会・環境面における業績を統合し、長期目標に向けた進捗をまとめたものだ。 2014年度の報告書では、都市化と糖尿病との結びつきを解決するための同社の新たなグローバルイニシアチブ、Changing Diabetes®も含む、糖尿病予防・治療・完治に対する同社のコミットメントについて触れられている。同イニシアチブ [...]

» 続きを読む
2015/03/02 最新ニュース

【アメリカ】J&J 製品ライフサイクル全般を見直すプロジェクトで大賞を受賞

Facebook Twitter Google+

Johnson & Johnsonは、サステナビリティ関連情報オンラインメディアであるEnvironmental Leaderから2013年度の「トップ・プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」に選定された。今回表彰されたのは、Johnson & Johnsonが2009年に立ち上げたEarthwards®というプロジェクト。プロジェクト専属チームが取り組んでいるのは、同社製品の環境および社会に対するインパクトを向上させるため [...]

» 続きを読む
2014/06/05 最新ニュース

【デンマーク】ノボノルディスク 環境省と共同で環境会計の実務雑誌を発刊

Facebook Twitter Google+

ヘルスケアビジネス世界大手、デンマークのNovo Nordiskは、デンマークの環境省と共同で、製薬業界初の環境会計に関する雑誌「TBL Quarterly」を発行する。内容は水の消費量、温室効果ガス(GHG)の排出量や大気汚染など。発刊の背景について、同社の副社長のSusanne Stormer氏は、「当社は環境CSR活動において長い歴史を有している。それらを生かした質の良い情報を提供することを目指したい。」と語った。TBLは年4回 [...]

» 続きを読む
2014/05/07 最新ニュース

【パキスタン】Naya JeevanがBusiness Call to Actionに参加

Facebook Twitter Google+

ミレニアム開発目標(MDGs)の達成を促進することを目的とした企業や援助機関の集まるグローバルなネットワークであるBusiness Call to Action(BCtA)は、パキスタンの社会的企業Naya Jeevaを新たにメンバーとして登録すると発表した。登録に際して、Naya Jeevanは2015年までにパキスタンの39,000人以上の低収入労働者に安価で高品質のヘルスケアサービスを保証することを達成目標として掲げている。同社 [...]

» 続きを読む
2014/04/18 最新ニュース

【ザンビア】NovartisとMalaria No Moreがザンビアの子供に200万人分のマラリア治療薬

Facebook Twitter Google+

製薬会社大手のNovartisは、マラリア撲滅を目指すMalaria No Moreが展開するPower of Oneキャンペーンの一環として、200万人分の小児用マラリア治療薬をザンビアに届けると発表した。マラリアは、世界保健機関が公衆衛生において最重点事項と位置付け、ザンビアでも乳児死亡原因の40%を占める。ザンビアはキャンペーンの最初の受益国となり、一連のキャンペーンにより病気による国家の負担の軽減が期待される。 2013年に始 [...]

» 続きを読む
2014/04/14 最新ニュース

【デンマーク】複数ガイドライン準拠を成し遂げたNovo Nordiskの統合報告書

Facebook Twitter Google+

デンマークに本社のある製薬世界大手のNovo Nordiskは、2013年度年次報告書を発表した。同社は2004年より財務、社会、環境をすべてカバーする統合報告書を作成。今回の統合報告書では、自社の活動だけでなく、業界全体をとりまくイシューやステークホルダーの関心事にもページを割き、世界で高まっている糖尿病への関心、医療機関に対する信頼性の問題、肥満を病気としてみるか否かの社会的問題などに対する同社の考えや取組も紹介している。 統合報 [...]

» 続きを読む
2014/03/13 最新ニュース
ページ上部へ戻る