【インド】AegisがG3.1でA+のサステナビリティレポートを発表

Facebook Twitter Google+

インドのAegisは、2013年のサステナビリティレポートを発表。GRI(グローバル・レポーティング・イニシアティブ)基準でA+の評価を受けた。第三者認証を行ったのは監査法人世界ビッグ4のひとつであるErnst & Young。 グローバルアウトソーシング企業であるAegisは、現在23カ国で55,000人の従業員を抱えている。今回発表されたレポートでは、障がい者を1.76%を雇っていると報告している。従業員の男女比は57:43(男性 [...]

» 続きを読む
2014/02/05 最新ニュース

【インド】Genus Power Infrastructuresは投票日に有給休暇を与える制度を発表

Facebook Twitter Google+

インドの大手電気変換器メーカーGenus Power Infrastructuresは、同社社員が選挙の投票日に有給休暇を取得できる制度を発表した。Genus Power Infrastructuresは、投票権を持っている社員のみならず、その家族にも投票を呼びかけている。インドでは、法律で選挙に行くための時間を与えなければならないと定められてはいるものの、インドの選挙は平日に行われている。したがって、業務内容によっては選挙権を放棄せ [...]

» 続きを読む
2014/02/03 最新ニュース

【アメリカ】Corktown Seedがステークホルダーの関心を測るITツールを開発

Facebook Twitter Google+

アメリカのマーケティング支援会社Corktown Seedは、企業がステークホルダーの関心を測るための調査ツール「Good Measure」をリリースした。Corktown Seedは従来「顧客の声」を取り入れたブランディングや製品開発のコンサルティングを得意としている会社。今回、彼らが持つ顧客理解のノウハウが、サステナビリティの分野に応用されている。 Good Measureは、ステークホルダーに対してアンケート調査を行い、その回答 [...]

» 続きを読む
2014/02/02 最新ニュース

【アメリカ】アメリカ経済へのヒスパニックの影響力はどのくらい?

Facebook Twitter Google+

アメリカでヒスパニック系支援で大きな影響力を持つ団体Hispanic Association on Corporate Responsibility(HACR)は、「2013年のコーポレート・ガバナンス研究(Corporate Governance Study)」と題してレポートを発表した。その中で、過去20年の間、『フォーチュン500』企業において、ヒスパニックの役員はほとんど増加していないということを明らかにした。 Fortune [...]

» 続きを読む
2014/01/24 最新ニュース

【イギリス】サステナビリティ目標の達成に向けてユニリーバが導入した新たな仕組みとは?

Facebook Twitter Google+

ユニリーバのパーソナルケア部門で副社長を務めるGina Bosworth氏が"WWD BEAUTY SUMMIT 2013"で自社の新たなサステナビリティ戦略について講演した。今回はその一部をご紹介する。ユニリーバでは現在「USLP(ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン)」というサステナビリティ目標を掲げているが、その柱となっているのがGina氏も言及している下記3つの目標だ。製品のライフサイクル全体に渡り温室効果ガスの負荷を半 [...]

» 続きを読む
2014/01/23 最新ニュース

【ギリシャ】2013年にグローバル・サステナビリティにもっとも貢献したCSRを発表

Facebook Twitter Google+

ギリシャの企業の社会的責任(CSR)の実施に関する教育およびトレーニングに強みを持つCentre for Sustainability & Excellence(CSE)は、Global Sustainability (CSR) Practitioner Challenge Winnersを発表した。これは、もっともイノベーティブかつ優れた取り組みをおこなったサステナビリティ活動実践者に与えられる賞である。 2013年は、非常 [...]

» 続きを読む
2014/01/07 最新ニュース

【イギリス】悪化する労働訴訟への障壁 ―25カ国を超える労働者人権の現状報告―

Facebook Twitter Google+

ロンドンに本部を置くBusiness & Human Rights Resource Centreは、25カ国の企業の人権慣行に関するレポート「Corporate Legal Accountability Annual Briefing」を公表した。このレポートの特徴は、企業に対する人権侵害訴訟に注目している点。人権問題の訴訟の実態を知ることで、人権擁護団体の活動戦略につながる他、企業やその顧問弁護士が人権の不正乱用のリスクを [...]

» 続きを読む
2013/12/27 最新ニュース

【ギリシャ】Global Sustain、国際基準に基づく同社初のサステナビリティレポート

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ支援サービスを提供するギリシャのGlobal Sustainは、同社初となるサステナビリティレポートを発表した。同レポートの中で、国際標準に基づいたサステナビリティとその活動、経営方針を公約した。各分野での内容は以下の通り。ヒューマンリソース 人材は企業の発展の大きな要素である。企業として人材の成長のため雇用や評価など計画的に投資していく。社会貢献活動 毎年度末、2つの非営利、非政治団体に寄付している。さらに会社とアン [...]

» 続きを読む
2013/12/13 最新ニュース

【カナダ】鉱業協会とストラトス社がECR賞を共同受賞、持続可能な鉱業に高い評価

Facebook Twitter Google+

カナダの鉱業協会(MAC)とサステナビリティ・コンサルティング・ファームのストラトス社が、持続可能な鉱業を主導する「TSMイニシアティブ」において顕著な実績を収めたとしてECR賞を受賞した。同賞は、カナダのCorporate Responsibilityの専門家たちが、持続的かつ倫理的ビジネスの手段や手法を生み出した団体に対し、その努力と貢献を評して授与するもの。TSMイニシアチブは、カナダの鉱業会によって2004年に立ち上げられ、鉱 [...]

» 続きを読む
2013/12/09 最新ニュース

【フランス】化粧品のグローバル大手L’Oréalが2020年へ向けたサステナビリティへの決意表明

Facebook Twitter Google+

フランスに本社を持つ化粧品のグローバル大手L'Oréalは、2020年までに行うサステナビリティ(持続可能性)への取り組みに関する新たな決意を発表した。 同社が掲げたスローガンは、「すべての人との美の共有」。このスローガンはさらに4つの具体策から構成される。 第1番目に2020年までに全製品を環境と社会的利益のあるものにするという。これにより製品パッケージなどもすべてエコフレンドリーな仕様となる。 第2番目には全工場などにおけるCO2 [...]

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る