【国際】230の機関投資家、企業に森林破壊ゼロ要求。アマゾン火災に危機感。PRIとCeres主導。1700兆円

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)と米ESG投資推進NGOのCeresは9月18日、運用資産総額16.2兆米ドル(約1,700兆円)となる世界の機関投資家230機関が、企業に対し、ブラジルとボリビアで危機的レベルで進行している熱帯雨林破壊が原因にもなっているアマゾン熱帯雨林火災問題で早急なアクションを要求する共同声明を発表した。PRIとCeresが主導した。  今回共同声明が企業に対し求めたアクションは3つ。まず、 (さらに… [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、新たな気候変動シナリオレポート「IPR」発表。NPSを代替。投資家に参照呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は9月10日、気候変動に関する新シナリオを策定したレポート「Inevitable Policy Response(IPR)」を発表した。PRI署名機関は目下、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインを基に気候変動シナリオ分析や投資分析を進めているが、現行の政策ベースとなる国際エネルギー機関(IEA)の「新政策シナリオ(NPS)」に代わる現実的な政策ベースが必要と判断。IPRでは、新たに「将 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、卓越したESG投資実践機関投資家「リーダーズ・グループ」で47機関選出。日本ゼロ

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は9月10日、卓越したESG投資を実践しているアセットオーナー署名機関「PRI Leaders' Group」の2019年選定結果を発表した。全部で47のアセットオーナーが選ばれた。但し、日本のアセットオーナーの選出はゼロだった。  PRIは、長期計画を示す「ブループリント」の中で、世界的にESG投資を促すために優れたアセットオーナーのアワードを新設することを決定。今回が初年度の結果発表となった。選定におい [...]

» 続きを読む

【中国】中国平安保険、アセットオーナーとして中国初のPRI署名。投資方針にESG投資を組み込み

Facebook Twitter Google+

 中国保険大手の中国平安保険(Ping An)は8月23日、中国のアセットオーナーとして初めて、国連責任投資原則(PRI)に署名した。同社の、運用資産総額(AUM)は、約1兆6,600億人民元(約25兆円)。  中国平安保険は、2019年にグループ投資ポリシーフレームワークを策定。グループ全体の投資方針の中に、ESG考慮を組み込んだ。

» 続きを読む

【国際】PRI、パッシブ運用でのESG投資に関するディスカッションペーパー公表。意見募集開始

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は8月14日、パッシブ運用型のESG投資戦略の概要と課題に関するディスカッションペーパーを公表。機関投資家やサービスプロバイダーからの意見募集を開始した。PRI署名機関でなくてもフィードバックできる。  同ペーパーでは、まずパッシブ運用とESG投資の双方への投資額が増えている事象を整理。パッシブ運用は、アクティブ投資に対する相対的便益の高さやコストの低さ、ETF(上場投資信託)の登場等で注目が集まっており。 [...]

» 続きを読む

【中国】UNEP FI、PRI、商道融緑、中国証券監督管理委員会に対しESG情報開示法制化を提言

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、国連責任投資原則(PRI)、SynTao Green Finance(商道融緑)は6月5日、中国証券監督管理委員会(CSRC)、中証金融研究院(CIFCM)、上海証券取引所、深圳証券取引所に対し、ESG情報開示の提言レポートを提出した。  中国のガイドラインも国際フレームワークに則しているとしつつも、企業の開示情報はバラバラであり、CSRCが開示を法規制で義務化すべきとした。さらに、 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、アジア太平洋地域のESGインテグレーション動向分析。日本は「始まったばかり」

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月31日、CFA協会と合同で、アジア太平洋地域のESGインテグレーションの動向を分析した報告書を発表した。ESGインテグレーションは、ESG投資手法の一つで、通常の投資手法の中にESG要素も織り込んで投資判断するもの。今回の分析対象は、オーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、香港。地域全体で共通の課題があることが浮かび上がってきた。 【参考】【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2018の [...]

» 続きを読む

【国際】PRI代表、エクソンモービルの消極的な気候変動対応を批判。ガバナンスにも懸念表明

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)のフィオナ・レイノルズ代表は5月15日、エクソンモービルが気候変動問題で投資家と対話しようとしない姿勢を強く批判する声明を発した。ロイヤル・ダッチ・シェル、BP、エクイノール等が積極的に対話に応じていることを引き合いに出し、投資家に対しエクソンモービルへのエンゲージメントを強めるよう檄を飛ばした。  同氏は、気候変動問題への対応のためには、投資家が石油・ガス業界に対し気候変動緩和に向け働きかけをすることは優 [...]

» 続きを読む

【ノルウェー】公的年金GPFG、PRIがSDGsインパクトを署名機関レポーティングに加えることに懸念表明

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー公的年金基金GPFGの運用を担うノルウェー銀行投資マネジメント部門(NBIM)は、国連責任投資原則(PRI)に対し、機関投資家の投資パフォーマンスを国連持続可能な開発目標(SDGs)へのインパクトで評価することに反対する意見書を提出した。GPFGは、運用資金総額約110兆円で、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に次ぐ存在感がある。またNBIMは、ESG投資に非常に積極的で、世界をリードする機関の一つだが、機関 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る