Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【6/14, 22 セミナー開催報告】CDPワークショップ『CDP2016“回答に向けて”』をQUICKで開催しました 2016/06/22 お知らせ

CDP

 2016年6月14日、22日に、QUICKにてCDP主催のワークショップ『CDP2016″回答に向けて”』が開催されました。

 CDPは、投資家要請を受けた企業の環境情報開示に加えて、2008年から企業のサプライチェーンとの協働を促進するための”CDPサプライチェーンプログラム”を実施しています。

 サプライチェーンプログラムには、日本企業7社を含む全世界89団体(企業や政府、業界団体)がメンバーとして参加し、CDPを通じて自団体のサプライヤーに質問書を送付。その回答は、サプライチェーンにおけるGHG排出量削減や、サプライヤーとの気候変動/水管理における協働機会の創出のために活用されています。

 本ワークショップには、2日間あわせて日本企業66社から約80名が参加し、気候変動質問書や水質問書、およびサプライチェーン追加質問について、回答におけるポイントや評価基準などの解説が行われました。またグループ討論では、各社の抱える課題を共有し、課題解決に向けての意見交換が活発に行われました。

 (なお、QUICKは、CDPのゴールドデータパートナーです)

【関連サイト】

QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る