Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【お知らせ】QUICKが「グラスルイス 議決権行使助言レポート」 サービスを野村アセットマネジメントに提供開始 2016/09/30 お知らせ

image2016-9-29-15-19-15

 株式会社QUICKは、日本を代表する運用機関である野村アセットマネジメント株式会社に、米グラスルイス(GLASS LEWIS)「プロキシペーパー(Proxy Paper)」サービスの提供を開始しました。

 議決権行使助言サービス大手米グラスルイスの「プロキシペーパー」は、世界の主要上場企業20,000社(内、日本企業2,000社)株主総会全議案の検討すべき論点や調査結果、判断プロセス、および賛否推奨を提供しています。

 野村アセットマネジメント株式会社は、複数の議決権行使助言会社の意見を参考にし、多様な論点を把握した上で、より適切に自社で議案判断を行うために、新たに「プロキシペーパー」サービスを採用しました。

 詳細はこちらをご覧ください。

 http://corporate.quick.co.jp/news/?post=1811

 日本版スチュワードシップ・コードが施行し、コーポレートガバナンス・コードの導入が進む中、議決権行使は投資家と投資先企業を結ぶ対話手段の一つとして重要となっています。その中で、機関投資家には、責任ある株主行動として、議決権行使に対するより明確な説明責任が求められています。

 グラスルイスの議決権行使助言レポート「プロキシペーパー」は、機関投資家の議決権行使において、より的確な判断を支援する材料として活用できます。

QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る