Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】CalPERS、たばこ産業ダイベストメントの対象を拡大 2017/01/05 ESG

calfornia

 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)の投資委員会は12月19日、2000年から実施しているたばこ関連企業の株式および債券への投資規制を継続させることを決議した。2015年に同基金の投資コンサルタントであるWilshire Associateが実施した調査により、たばこ産業への投資規制により約30億米ドルの収益を逸していると報告され、その後複数の観点からたばこ投資規制の是非の検討が行われた。検討の結果、現行規制の継続だけでなく、さらに規制対象を拡大していくことが決まった。

 CalPERSが現在実施しているたばこ関連企業への投資規制は、同基金内部で管理している株式および債券ポートフォリオに限られている。今回の決議により、これを外部運用会社で管理している上場企業銘柄ポートフォリオ分と、さらに同基金の関連基金である、同州の裁判官退職年金基金、裁判官退職年金2基金、議員退職年金基金、公務員保健基金、補足収入制度、公務員長期介護基金、雇用者退職給付信託基金などのポートフォリオにも拡大することを決めた。

【参照ページ】
CalPERS Votes to Expand Tobacco Investment Ban to External Managers and Affiliate Funds
https://www.calpers.ca.gov/page/newsroom/calpers-news/2016/votes-expand-tobacco-investment-ban

QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る