Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ノーザン・トラスト、GRESB評価を用いた業界初のESG不動産投資インデックスを発表 2017/02/17 ESG

 米運用大手ノーザン・トラスト・アセット・マネジメントは1月19日、新たなESG不動産投資インデックス「Northern Trust GRESB Developed Real Estate ESG Index」を開発したと発表した。同インデックスでは、先進国REIT投資の中に、昨今投資需要が急拡大しているESG観点を採り入れる。ESG評価では、不動産業界のサステナビリティ評価に関する国際ベンチマークを提供しているオランダのGRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)から、物件のESGスコアの提供を受ける。先進国REIT投資分野でのESG投資インデックスは世界初だという。

 同インデックスに採用されるには、GRESBから過去3年以内に1回以上スコアを獲得し、5段階評価(5点が最高)のスコアで2点以上を獲得する必要がある。2016年12月末時点で、同インデックスは130銘柄で構成。内訳は、リテールREITが31.5%、オフィスREITが15.6%、総合型REITが11.3%、住宅REITが9.3%、不動産管理会社が6.6%。地域別内訳は、米国49.7%、日本12.6%、香港6.9%、英国5.3%、オランダ3.9%の順。構成比率が最大なのは、Simon Property Group(7.4%)、Prologis(3.5%)。平均配当利回りは3.6%、EPSの期待成長率は5.8%。

 ノーザン・トラスト・アセット・マネジメントは同時に、今回発表した「Northern Trust GRESB Developed Real Estate ESG Index」に連動するパッシブ運用ファンドをオランダで設定した。ノーザン・トラスト・アセット・マネジメントは、同社の世界各地のアセット・マネジメント各社の集合体名称。

【参照ページ】NORTHERN TRUST ASSET MANAGEMENT LAUNCHES UNIQUE SUSTAINABLE REAL ESTATE INDEX AND FUND IN CONJUNCTION WITH GRESB
【参照ページ】Northern Trust unveils industry-first sustainable real estate index

QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る