Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】世界銀行、SDGsの達成状況に連動する債券を発行 2017/03/18 ESG

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は3月9日、債券利率が国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況に連動する債券を発行した。利率がSDGsの達成状況に連動する債券は世界初。発行額は15年債が1億680万ユーロ(約130億円)と20年債が5,680万ユーロ(約70億円)で、総額は約200億円。フランスとイタリアの機関投資家が購入した。

 発行された債券の利率は、「Solactive Sustainable Development Goals World Index」の構成銘柄の株式パフォーマンスに直接連動する。同インデックスは、インデックス開発会社Solactiveが提供しているインデックスで、ESG評価機関のVigeo EIRISの企業評価手法「Equitics」を用いて事業活動の20%以上がSDGsに貢献する製品・サービスである企業、もしくは各業界で社会・環境面での価値創出に優れた企業世界50社から構成されている。

 世界銀行は、債券発行で調達した資金を、貧困削減、格差是正、SDGsに関連するプロジェクトに投下する。債券は、15年債と20年債ともにルクセンブルク証券取引所に上場され、主幹事証券はBNPパリバが務めた。

【参照ページ】World Bank Launches Financial Instrument to Expand Funding for Sustainable Development Goals

QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る