Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】PRI、日本のESG投資や受託者責任の現状と提言をまとめた報告書を発表 2017/05/12 ESG

 国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Generation Foundationは4月26日、日本でのESG課題や受託者責任(フィデューシャリー・デューティー)の現状と提言をまとめた報告書「Japan roadmap」を発表した。

 今回発表のロードマップでの提言の大きな柱は、日本の機関投資家は投資及び意思決定プロセスにおいて重要なESG課題を考慮するという受託者責任を負っていることを理解すべきだという内容。提言は大きく、「スチュワードシップとエンゲージメント」「コーポレートガバナンス」「年金スキームのESG情報開示」「企業の情報開示」「日本の投資チェーンにおけるGPIFの重大な役割」の5分野でまとめられている。

 報告書は、株式の相互保有、議決権行使結果の開示、重要なESG情報の開示など、日本の投資家にとって重要な問題について言及。また、金融庁が予定しているスチュワードシップ・コード改定も取り上げ、今回の提言内容が日本の政府当局やステークホルダーにとっても有益なものになるだろうとした。

 報告書作成においては、環境省、日本取引所グループ、運用会社、アセットオーナー、インデックス開発会社などからのヒアリングも実施された。

【参照ページ】PRI publishes Japan roadmap: new report makes recommendations on ESG considerations for the Japanese market
【報告書】Japan Roadmap

QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る