Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【機関投資家】GPIF「平成27年度業務概況書」について <第3部 法人設立10年のあゆみ および 第4部 資料編>

Facebook Twitter Google+

第3部 法人設立10年のあゆみ 2006(平成18)年4月1日にGPIFが設立されて、2016(平成28年)で満10年を経過した。この10年間の運用実績を振り返る。 1.10年間の運用実績 (1)概観 ① 収益率等:10年間の平均収益率は+2.68% 累積収益額は32.0兆円 ② 年金財政上求められる実質的な運用利回り:10年間の実質的な運用利回り2.85% ③ ベンチマーク対比のパフォーマンス:複合ベンチマーク収益率に対して+0.0 [...]

» 続きを読む
2016/08/31 ESGコラム

【機関投資家】GPIF「平成27年度業務概況書」について <第2部 年金積立金管理運用独立行政法人について>

Facebook Twitter Google+

第2部 年金積立金管理運用独立行政法人について 1.中期目標・中期計画 (1) 中期目標管理法人  2015年4月1日に施行された独立行政法人通則法により、独立行政法人は、「中期目標管理法人」、「国立研究開発法人」および「行政執行法人」の3類型に分類され、GPIFは「中期目標管理法人」に分類された。 (2) 中期目標・中期計画  主務大臣(GPIFの場合は厚生労働大臣)は、3年以上5年以下の期間において中期目標を定め、中期目標管理法人 [...]

» 続きを読む
2016/08/31 ESGコラム

【機関投資家】GPIF「平成27年度業務概況書」について <第1部 平成27年度の管理及び運用状況>

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(以下、「GPIF」という。)は、2016年7月29日に「平成27年度 業務概況書」を公表した。  今回の業務概況書は、昨年のものとは体裁、内容ともに一新され、「第1部 2015(平成27)年度の管理及び運用状況」、「第2部 年金積立金管理運用独立行政法人について」、「第3部 法人設立10年のあゆみ」および「第4部 資料編」の四部構成となっている。  2015(平成27)年度の資産運用状況は、中国の景気 [...]

» 続きを読む
2016/08/31 ESGコラム

【機関投資家】企業年金連合会(PFA)が国連責任投資原則(PRI)署名

Facebook Twitter Google+

 2016年5月13日に国連責任投資原則(以下「PRI」という。)は、企業年金連合会(以下「PFA」という。)が、PRIに署名したことを公表した。  PFAは、厚生労働大臣の認可を受けた「平成28年度企業年金連合会事業計画書」(2016年4月12日)において、「Ⅳ.連合会年金資産の効率的な管理・運用 3.スチュワードシップ活動の充実 責任ある機関投資家として、スチュワードシップ活動をさらに充実。その一環として、国連責任投資原則(PRI [...]

» 続きを読む
2016/05/16 ESGコラム

【機関投資家】被用者年金制度の一元化について

Facebook Twitter Google+

(1) 趣旨  多様な生き方や働き方に公平な社会保障制度を目指す「社会保障・税一体改革大綱について(2012年2月17日 閣議決定)」を踏まえた被用者年金一元化法成立により、2015年10月1日から被用者年金制度が一元化されることになった。今後将来の制度の成熟化や少子・高齢化の一層の進展等に備え、年金財政の範囲を拡大して制度の安定性を高めるとともに、民間被用者、公務員を通じ、将来に向けて、同一の報酬であれば同一の保険料を負担し、同一の [...]

» 続きを読む
2015/09/29 ESGコラム

【機関投資家】3共済の平成26年度運用状況 その3~日本私立学校振興・共済事業団

Facebook Twitter Google+

1.日本私立学校振興・共済事業団  日本私立学校振興・共済事業団(以下「PMAC」という。)は、従前の日本私学振興財団と私立学校教職員共済組合が1998年10月1日に解散後、日本私立学校振興・共済事業団法に基づいて設立された。私立学校の教育の充実および向上ならびにその経営の安定ならびに私立学校教職員の福利厚生を図るため、補助金の交付、資金の貸付けその他私立学校教育に対する援助に必要な業務を総合的かつ効率的に行うとともに、私立学校教職員 [...]

» 続きを読む
2015/08/19 ESGコラム

【機関投資家】3共済の平成26年度運用状況 その2~地方公務員共済組合連合会

Facebook Twitter Google+

1.地方公務員共済組合連合会  地方公務員共済組合制度は、地方公務員の相互救済を目的とし、地方公務員とその家族を対象に長期給付事業、短期給付事業および福祉事業を総合的に行う制度として1962年12月に発足した。地方公務員共済組合連合会(以下「PAL」という。)は、地方公務員共済組合法に基づき、1984年4月1日に地方公務員の年金制度の健全な運営を維持していくため、年金の財政単位を一元化し、年金財政基盤の安定化を図るとともに、共済組合の [...]

» 続きを読む
2015/08/19 ESGコラム

【機関投資家】3共済の平成26年度運用状況 その1~国家公務員共済組合連合会

Facebook Twitter Google+

 国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会および日本私立学校振興・共済事業団の3共済は、2015年7月までに平成26年度運用状況について公表した。以下、3回に分けて、各共済年金制度の運用状況について概説する。 1.国家公務員共済組合連合会  国家公務員共済組合連合会(以下「KKR」という。)は、国家公務員共済組合法に基づき設立された法人で、現在は、国家公務員等で組織される20の共済組合をもって組織されている。KKRでは、国家 [...]

» 続きを読む
2015/08/19 ESGコラム

【機関投資家】年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の平成26年度運用状況

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2015年7月10日、平成26年度運用状況について「平成26年度 業務概況書」を公表した。今回の業務概況書は、平成25年度までのものとは内容が一新され、3部構成で、「第1部 年金積立金管理運用独立行政法人について」、「第2部 平成26年度の運用状況」および「第3部 資料編」からなっている。  平成26年度は、日本銀行の追加緩和、内外株式市場の上昇に加えて、外国為替市場における対ドル円安の [...]

» 続きを読む
2015/08/12 ESGコラム
ページ上部へ戻る