Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ノーザン・トラスト、GRESB評価を用いた業界初のESG不動産投資インデックスを発表

Facebook Twitter Google+

 米運用大手ノーザン・トラスト・アセット・マネジメントは1月19日、新たなESG不動産投資インデックス「Northern Trust GRESB Developed Real Estate ESG Index」を開発したと発表した。同インデックスでは、先進国REIT投資の中に、昨今投資需要が急拡大しているESG観点を採り入れる。ESG評価では、不動産業界のサステナビリティ評価に関する国際ベンチマークを提供しているオランダのGRESB( [...]

» 続きを読む
2017/02/17 ESG 最新ニュース

【スイス】スイス証券取引所、コーポレートガバナンス重視の新インデックス「ESCGIT」公表開始

Facebook Twitter Google+

 スイス証券取引所(SIX)は1月30日、コーポレートガバナンスを重視する新たなインデックス「エートス・スイス・コーポレートガバナンス(Ethos Swiss Corporate Governance:ESCGIT)」の公表を開始した。同インデックスは、スイスの年金基金218機関が加盟する財団「エートス基金」が提唱するコーポレートガバナンス原則に合致するスイス証券取引所上場銘柄だけを選定したもの。  エートス基金は、持続可能な社会発展 [...]

» 続きを読む
2017/02/12 ESG 最新ニュース

【環境省】ESG対話シンポジウム

Facebook Twitter Google+

 機関投資家に求められる行動原則として日本版スチュワードシップ・コードが2014年に策定され、企業評価におけるESG(環境・社会・ガバナンス)情報の重要性は高まっている。環境省、環境情報開示基盤整備事業は、環境情報を中心としたESG情報の開示、流通を促し、企業と投資家等の対話支援基盤の実現を目指して平成25年度に始まった。本年度(平成28年度)は参加企業・機関投資家の数が、400社を超えている。この報告会では「ESG対話シンポジウム~ [...]

» 続きを読む
2017/02/07 ESG 最新ニュース

【アメリカ】ニューヨーク州年金基金、脱炭素化推進の機関投資家ネットワーク「PDC」に加盟

Facebook Twitter Google+

 ニューヨーク州退職年金基金は1月24日、投資ポートフォリオの脱炭素化を目指す機関投資家のイニシアチブである「Portfolio Decarbonization Coalition(PDC)」に加盟したと発表した。ニューヨーク州職員退職年金は全米で3番目に大きい公的年金基金。運用資産額は1,845億米ドル。  PDCは、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、CDP、スウェーデン公的年金基金AP4、アムンディ・アセット・マネジ [...]

» 続きを読む
2017/02/06 ESG 最新ニュース

【フランス】BNPパリバ、ヨーロッパ難民支援分野に追加で300万ユーロを提供

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手BNPパリバは1月26日、2015年よりヨーロッパの難民支援活動への資金提供を拡大し、2017年と2018年の2年間で追加で300万ユーロ(約3.7億円)を提供することを決めた。これにより、同社の2015年からの累積提供額は800万ユーロ以上(約10億円)となる。  BNPパリバの難民支援への資金提供は主に2つの仕組みで構成されている。一つは同社の財団部門である「BNPパリバ財団」を通じた活動。パートナー団体と協力し、こ [...]

» 続きを読む
2017/01/31 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】IIGCC、デンマーク年金基金PKAのCEOが新議長に就任

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応のため欧州の金融機関や投資家で構成するInstitutional Investors Group on Climate Change(IIGCC)は1月1日、デンマークの年金基金PKAのPeter Damgaard Jensen CEOが次期議長に就任したと発表した。2011年11月から前任議長を務めていたBT(ブリティッシュ・テレコム)グループの年金基金であるBT Pension SchemeのDonald MacDo [...]

» 続きを読む
2017/01/20 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】あなたのポートフォリオにある企業は、デジタル資産をカバーしているか?

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  シリコンバレーは、人類史上、最も著しく富を創造してきた場所の1つとなった。特に最近では、その富の相当な部分は、増加していく新しいタイプの資産、すなわち消費者の情報を収集し蓄積することを可能とした先進技術から生じている。  この情報には、ユニークで素晴らしい、ある特質がある。 この情報を獲得することには、著しいスケールメリットが働く。すなわ [...]

» 続きを読む
2017/01/19 ESG 最新ニュース

【RI特約記事】トランプ氏によるパリ協定脱退と異なる路線を行く企業・投資家

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  「伸し掛かるプレッシャーは大きくなり、政府からの援助は得られなくなるだろう。しかしこの場にいる方々であれば出来ると確信している。我々はメイン・ストリームになりつつあるが努力し続けなければならない。このチームであれば可能である。」  先日、米国デンバーにてFirst Affirmative Financial Networkが開催したSRI [...]

» 続きを読む
2017/01/17 ESG 最新ニュース

【アメリカ】CalPERS、たばこ産業ダイベストメントの対象を拡大

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)の投資委員会は12月19日、2000年から実施しているたばこ関連企業の株式および債券への投資規制を継続させることを決議した。2015年に同基金の投資コンサルタントであるWilshire Associateが実施した調査により、たばこ産業への投資規制により約30億米ドルの収益を逸していると報告され、その後複数の観点からたばこ投資規制の是非の検討が行われた。検討の結果、現行規制の継続だけ [...]

» 続きを読む
2017/01/05 ESG 最新ニュース

【日本】日本政策投資銀行(DBJ)、国連責任投資原則(PRI)に署名

Facebook Twitter Google+

 財務省所管の政策金融機関、日本政策投資銀行(DBJ)は12月12日、国連が推進するESG投資イニシアチブである国連責任投資原則(PRI)に署名した。同じく同行100%子会社のDBJアセットマネジメントも同日PRIに署名した。  DBJは署名に至った理由について、以前から「投融資等を通じたCSR」として、独自の観点から真に社会に有用な事業を見極め、持続可能な社会の実現に向けた取り組みに注力してきたことことを挙げ、PRIの精神DBJのこ [...]

» 続きを読む
2016/12/28 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る