Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アジア】「2016アジア・コーポレート・ガバナンス・ランキング」首位シンガポール、日本は3位

Facebook Twitter Google+

 香港に本社を置く投資銀行アジア大手のCLSAは9月29日、業界団体であるアジア・コーポレート・ガバナンス協会(ACGA)と共同で、アジア主要国のコーポレート・ガバナンスの健全性をまとめた報告書「Corporate Governance Watch 2016」を発表した。この報告書では、アジア市場の日本を含む11ヶ国・地域と比較対象のためオーストラリアの合計1,047社のコーポレート・ガバナンス実態を分析。12ヶ国のランキングを公表し [...]

» 続きを読む
2016/10/25 ESG 最新ニュース

【スイス】クレディ・スイス、コーポレートガバナンスと企業業績に関する調査報告書を公表

Facebook Twitter Google+

 スイス金融大手のクレディ・スイスは1月20日、健全なガバナンスと企業業績との関係性に関する調査報告書、"How Corporate Governance Matters"を公表した。同報告書の中で、クレディ・スイスはコーポレートガバナンス関連の規制や実践に対する投資家からの関心の高まりを示すデータや、同社が新たに開発した企業ガバナンスに関する革新的な評価手法のHOLTガバナンス・スコアカード、そしてガバナンス評価を投資戦略に組み入れ [...]

» 続きを読む
2016/02/09 ESG 最新ニュース

【台湾】高まるコーポレートガバナンスに関する情報ニーズ。台湾証券取引所が公表

Facebook Twitter Google+

 一部の上場企業にCSR報告が義務化されるなど非財務情報開示に関する取り組みが進む台湾では、コーポレートガバナンスに関する情報ニーズが高まっているようだ。台湾証券取引所は12月29日、同取引所に運営しているコーポレート・ガバナンス・センターのウェブサイトへの訪問数が急激に増加しており、多くの投資家や経営者、各産業界のリーダーらが訪問していると公表した。  同サイトは台湾証券取引所がFinancial Supervisory Commi [...]

» 続きを読む
2016/01/19 ESG 最新ニュース

【アメリカ】議決権行使助言のISS、ESGリスク分析のRepRiskと戦略的提携

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言の世界最大手、Institutional Shareholder Services Inc.(以下、ISS)は9月8日、ESGリスク分析大手のRepRiskと戦略的に提携すると発表した。今後、ISSは顧客向けにRepRiskのESGソリューションも提供していく。  ISSはアセットオーナーや投資マネジャー、ヘッジファンドらの顧客に対してRepRiskの資産管理プラットフォーム、データフィード、モニタリングレポートの提供 [...]

» 続きを読む
2015/10/03 ESG 最新ニュース

【日本】東芝、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスから除外

Facebook Twitter Google+

 S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは7月27日、同社の公表している社会的責任投資指数、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)から株式会社東芝を除外すると発表した。東芝は8月3日以降、DJSI Worldリストから外されている。DJSIは世界で最も有名なサステナビリティ・ベンチマークの一つで、世界16か国の投資家や資産運用マネジャーに利用されている。  東芝は2000年以降継続してDJSI [...]

» 続きを読む
2015/08/12 ESG 最新ニュース

【日本】東証「改正上場規程」に基づきコーポレート・ガバナンス報告書を開示した上場会社

Facebook Twitter Google+

 東京証券取引所(以下「東証」という。)は、「コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議」(座長 池尾 和人 慶應義塾大学経済学部教授)が取りまとめた「コーポレートガバナンス・コード原案」(2015年3月5日公表)を受けて、2015年5月13日「コーポレートガバナンス・コード」を東証「有価証券上場規程」の別添として定めた(2015年6月1日施行)。併せて、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書 記載要領(2015年6月改 [...]

» 続きを読む
2015/07/13 ESG 最新ニュース

【イギリス】BP、年次総会で低炭素経済への移行に向けた株主提案を可決

Facebook Twitter Google+

 石油メジャー大手が、低炭素経済への移行に向けてついに大きな舵を切ることになる。4月16日、英国エネルギー大手のBPの株主らは同社の年次株主総会でResolution 25決議を可決した。この決議に対し、機関投資家らによる国際イニシアチブのCDPが声明を発表している。  Resolution 25はBPに対して低炭素経済の実現に向けた事業の変革を促すための株主提案で、決議案の中には、温室効果ガス排出削減マネジメントによりCDPのパフォ [...]

» 続きを読む
2015/05/13 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る