Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【ヨーロッパ】プライベート・エクイティ協会、ESGデューデリのための質問表発表

Facebook Twitter Google+

 欧州のプライベート・エクイティ(PE)ファンドマネージャー協会Invest Europeは11月17日、PEファンドマネージャーが投資先企業のESGデューデリジェンスを行う際に活用できる質問表ツールを開発したと発表した。この質問表を活用することで、PEファンドマネージャーや投資先企業は、ESG取組状況の診断ができるという。  ESGデューデリジェンス質問表は、対象企業のオペレーションやサプライチェーン全体について、環境インパクト、健 [...]

» 続きを読む
2016/12/02 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】欧州投資銀行とソシエテ・ジェネラル、造船業の環境化に向けた信用保証業務提供で合意

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)と銀行世界大手ソシエテ・ジェネラルは11月8日、EUが展開する「欧州投資計画(ユンカープラン)」及び欧州地域エネルギー・交通・通信ネットワーク分野でのインフラプロジェクトを支援する枠組み「コネクティング・ヨーロッパ・ファシリティ(CEF)」のスキームを活用し、造船業の環境化に向けた総額1億5,000万ユーロ(約176億円)の信用保証業務で合意に至ったことを発表した。  EUは2015年10月に海洋分野の閣僚級会 [...]

» 続きを読む
2016/11/23 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】国際資本市場協会、「グリーンボンド原則・リソースセンター」を開設

Facebook Twitter Google+

 ヨーロッパを中心に約60ヶ国、500以上の金融機関が参加する国際資本市場協会(ICMA)は11月2日、「グリーンボンド原則・リソースセンター」というウェブサイトを開設したと発表した。グリーンボンド原則とは、グリーンボンド市場の透明性向上と情報公開を目指す自主的なガイドライン。  同センターが提供する情報は、「グリーンボンド・データベースとFAQ(よくある質問)」「調達資金の利用」「その他の情報」の大きく3つ。「グリーンボンド・データ [...]

» 続きを読む
2016/11/22 ESG 最新ニュース

【スイス】複数年金基金、海外企業に共同エンゲージメントを実施する仕組みを設立

Facebook Twitter Google+

 スイスの年金基金がESG投資を推進するために1997年に設立した財団のEthosは10月27日、スイス国内の6つの年金基金とともに、海外企業に対して共同エンゲージメント(コレクティブ・エンゲージメント)を行う新たなプログラム、Ethos Engagement Pool International(EEP International)を立ち上げたことを発表した。 Ethosは、2004年にスイス国内上場企業に対し共同エンゲージメントを [...]

» 続きを読む
2016/11/15 ESG 最新ニュース

【スウェーデン】自治体融資専業の政府系金融機関、グリーンボンドを発行。同国通貨建て初

Facebook Twitter Google+

 スウェーデンの地方自治体に融資することを目的に1986年に設立された政府系金融機関、スウェーデン地方金融公社(Kommuninvest)は10月19日、同国通過スウェーデンクローナ建てのグリーンボンドを発行したことを発表した。同公社によるグリーンボンドの発行は今年2回目。スウェーデンクローナ建てのグリーンボンド発行は同公社として初。スウェーデン地方金融公社は、日本でも円建て債券の発行実績が多く、日本の機関投資家には馴染みのある債券銘 [...]

» 続きを読む
2016/11/07 ESG 最新ニュース

【オランダ】機関投資家団体、オランダ全上場企業に対し気候変動情報開示を要求

Facebook Twitter Google+

 機関投資家のコーポレートガバナンスやサステナビリティの向上を目指すオランダの機関投資家業界機関Eumedianは10月11日、オランダの全上場企業に対し、気候変動に関する情報開示を求める声明を発信した。気候変動がビジネスモデルや戦略に及ぼす潜在的リスクと機会の分析と、2050年から2100年の間に脱炭素経済を達成するための努力について情報開示するよう求めた。  Eumedionの構成メンバーには、オランダの公的年金基金PFZW、PF [...]

» 続きを読む
2016/11/04 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】投資家による持続可能な開発目標(SDGs)に従ったインパクト投資へのコミットメント

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  オランダおよびスウェーデンの年金基金および資産運用機関は共同で、「山積する社会および環境課題」に対応するために投資意思決定のフレームワークとして「持続可能な開発目標(SDGs)」を活用すると宣言し署名した。  署名機関には、スウェーデンの年金基金であるAP1、AP2、AP3、AP4およびオランダの資産運用機関であるPGGMおよびAPGが含 [...]

» 続きを読む
2016/10/19 ESG 最新ニュース

【ルクセンブルグ】証券取引所、世界初の環境金融商品限定の取引所「LGX」を創設

Facebook Twitter Google+

 ルクセンブルグ証券取引所は9月27日、グリーンボンドなど環境関連金融商品のみを取り扱う取引所「ルクセンブルグ・グリーン取引所(LGX)」を創設したことを発表した。環境関連商品専門の取引所設立は世界初。この取引所に上場できる商品は、資金使途が100%環境分野に限定されている有価証券のみとし、非常に厳しい適格基準を設定した。昨今、グリーンボンドな環境関連商品市場が急成長しており、ルクセンブルグ証券取引所はこの分野の市場を取りに行く。   [...]

» 続きを読む
2016/10/11 ESG 最新ニュース

【北欧】北欧投資銀行、グリーンボンド購入でアレンジャー銀行と協力体制構築

Facebook Twitter Google+

 北欧の国際開発金融機関である北欧投資銀行(NIB)は9月14日、グリーンボンド購入において、グリーンボンド起債時のアレンジャー(組成者)の役割を務めるスウェーデン銀行大手、ハンデルスバンケン、ノルデア銀行、SEBの3行と協力していくことを発表した。北欧投資銀行は、デンマーク、エストニア、フィンランド、アイスランド、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、スウェーデンの8ヶ国政府が出資する開発銀行。  近年、北欧投資銀行は、グリーンボンドが [...]

» 続きを読む
2016/10/06 ESG 最新ニュース

【オランダ】年金基金連盟、加盟基金向けに責任投資の実施ガイドラインを発表

Facebook Twitter Google+

 オランダの年金基金の連合体である「オランダ年金基金連盟」(Federation of the Dutch Pension Funds)は6月16日、年金基金が責任投資を実施する上での指針となるガイドライン「Service Document on Responsible Investment」を発表した。オランダ年金基金連盟は2010年に設立され、業界年金基金、企業年金基金、個人型年金基金などを260の年金基金が加盟。オランダの年金基 [...]

» 続きを読む
2016/06/30 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る