Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】PRI、社会観点を投資判断に取り込むためのケーススタディを紹介

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月16日、ESGの「S(社会)」を投資の意思決定に反映させていくための指南書「ESG Integration: how are social issues influencing investment decision?」を発表した。このガイドラインは、小売業から鉱工業まで幅広い業界のケーススタディを取り上げ、投資家が上場企業への投資に際しに「社会」を取り込む手法を紹介している。  今回取り上げた「社会 [...]

» 続きを読む
2017/05/24 ESG 最新ニュース

【国際】PRI、日本のESG投資や受託者責任の現状と提言をまとめた報告書を発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Generation Foundationは4月26日、日本でのESG課題や受託者責任(フィデューシャリー・デューティー)の現状と提言をまとめた報告書「Japan roadmap」を発表した。  今回発表のロードマップでの提言の大きな柱は、日本の機関投資家は投資及び意思決定プロセスにおいて重要なESG課題を考慮するという受託者責任を負っていることを理解すべき [...]

» 続きを読む
2017/05/12 ESG 最新ニュース

【国際】PRI、エネルギー業界にメタン排出情報開示を促す集団的エンゲージメントを開始

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月20日、エネルギーと電力事業者に対してメタン排出量の管理と情報開示を求める新たな国際的な集団的エンゲージメントを開始したと発表した。この集団的エンゲージメントに、すでに11ヶ国から30の機関投資家が参加した。  今回発表の集団的エンゲージメントに先駆け、PRIは石油・ガス業界でメタン排出を伴う水圧破砕の分野で2年間の集団的エンゲージメントを実施してきた。今回の取り組みでは、天然ガス業界の上流・下流双方 [...]

» 続きを読む
2017/05/03 ESG 最新ニュース

【国際】気候変動推進都市の連盟C40、CDPと共同で低炭素都市プロジェクトの報告書発表

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関心の高い世界の大都市が加盟する団体C40 Cities Climate Leadership Group(C40)は4月4日、ロンドン市とともに「C40 Financing Sustainable Cities Forum」を開催し、その中で、CDPと共同で作成した気候変動に向けての都市インフラ投資を分析した報告書「C40都市の低炭素投資の状況(The Low Carbon Investment Landscape in [...]

» 続きを読む
2017/04/15 ESG 最新ニュース

【国際】IFC、約5億ドルのソーシャルボンド発行。小規模農家や低所得者層を支援

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は3月22日、5億米ドルのソーシャルボンドを発行した。償還日2020年3月30日の3年債。利率は年1.75%。ロンドン証券取引所に上場された。引受会社は、シティグループ、クレディ・アグリコールCIB、JPモルガン。  IFCは調達とした資金を、社会的弱者に対する支援プログラムに投じる。プログラムには、小規模農家からの農作物調達を行う企業への金融支援、低所得世帯に電力供給する企業への金融支援、低 [...]

» 続きを読む
2017/04/02 ESG 最新ニュース

【国際】世界銀行、SDGsの達成状況に連動する債券を発行

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は3月9日、債券利率が国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況に連動する債券を発行した。利率がSDGsの達成状況に連動する債券は世界初。発行額は15年債が1億680万ユーロ(約130億円)と20年債が5,680万ユーロ(約70億円)で、総額は約200億円。フランスとイタリアの機関投資家が購入した。  発行された債券の利率は、「Solactive Sustainable Develop [...]

» 続きを読む
2017/03/18 ESG 最新ニュース

【国際】人権に関するベンチマークCHRB(Corporate Human Rights Benchmark)パイロット版のリリース

Facebook Twitter Google+

 ビジネスと人権に関する国際的なイニシアチブであるCHRB(Corporate Human Rights Benchmark)が、2017年3月13日(月)にパイロット版ベンチマークをリリースした。  このベンチマークは、8団体から成るステアリング・コミッティ(注)によって推進されており、今回のパイロットケースは、特定の業種に属するグローバル企業を選定し、人権課題への取り組みをスコア付けして公表する初の試みである。その評価メソドロジー [...]

» 続きを読む
2017/03/14 ESG 最新ニュース

【国際】SSE、加盟証券取引所に対し、上場企業の男女平等アクションを後押しするよう要望

Facebook Twitter Google+

 国連の持続可能な証券取引所イニシアチブ(SSE)は3月8日、証券取引所が世界の男女平等に向け果たすべき役割をまとめた報告書「How Stock Exchanges Can Advance Gender Equality」を発表した。SSEは、国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献として「男女平等」「よい仕事と経済発展」「責任ある消費」「気候変動」「目標達成のためのパートナーシップ」の5つの目標を重点テーマとして掲げ、加盟している [...]

» 続きを読む
2017/03/11 ESG 最新ニュース

【国際】欧州の機関投資家ら、北極圏での資源採掘停止を呼びかける共同声明を発表

Facebook Twitter Google+

 フランスのERAFP(フランス公務員退職年金基金)、嘱託職員向けの補足年金基金Ircantec、公務員向け個人年金保険Prefonは11月3日、フランスの運用会社ナティクシス・アセット・マネジメント及び同会社の責任投資運用子会社Mirovaと共同で、北極圏公海域内のあらゆる石油・天然ガス開発の無条件停止を求める声明を発表した。この声明には、オランダActiam、仏アクサグループ、スイスBank J. Safra-Sarasin、仏B [...]

» 続きを読む
2016/11/21 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】PRIは成果の上がらない署名機関を除名する計画

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・ インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  国連が支援する責任投資原則(以下PRI)は、署名機関の中で、6つの原則の実践がなく改善の進捗が明らかでない場合、その署名機関を除名することを決定した。PRIのマネージング・ディレクターを務めるFiona Reynolds氏は2016年9月6日、シンガポールにて開催された年次総会において、PRIは1,500の署名機関を対象に、進捗のない署 [...]

» 続きを読む
2016/10/18 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る