Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】SSE、加盟証券取引所に対し、上場企業の男女平等アクションを後押しするよう要望

Facebook Twitter Google+

 国連の持続可能な証券取引所イニシアチブ(SSE)は3月8日、証券取引所が世界の男女平等に向け果たすべき役割をまとめた報告書「How Stock Exchanges Can Advance Gender Equality」を発表した。SSEは、国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献として「男女平等」「よい仕事と経済発展」「責任ある消費」「気候変動」「目標達成のためのパートナーシップ」の5つの目標を重点テーマとして掲げ、加盟している [...]

» 続きを読む
2017/03/11 ESG 最新ニュース

【日本】日本政策投資銀行(DBJ)、国連責任投資原則(PRI)に署名

Facebook Twitter Google+

 財務省所管の政策金融機関、日本政策投資銀行(DBJ)は12月12日、国連が推進するESG投資イニシアチブである国連責任投資原則(PRI)に署名した。同じく同行100%子会社のDBJアセットマネジメントも同日PRIに署名した。  DBJは署名に至った理由について、以前から「投融資等を通じたCSR」として、独自の観点から真に社会に有用な事業を見極め、持続可能な社会の実現に向けた取り組みに注力してきたことことを挙げ、PRIの精神DBJのこ [...]

» 続きを読む
2016/12/28 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】GPIFが英/米の取締役会のダイバーシティ(多様性)・イニシアチブに参加

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、大西洋の両岸で展開する取締役会のダイバーシティ(多様性)・イニシアチブに参加した。  このイニシアチブへの世界最大のアセット・オーナーの追加署名は、ESG投資への強い意思を意味している。具体的には、GPIFは、取締役会における女性比率を30%にする活動を推進する英国の「30%クラブ」、米国の「 [...]

» 続きを読む
2016/11/15 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】PRIは成果の上がらない署名機関を除名する計画

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・ インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  国連が支援する責任投資原則(以下PRI)は、署名機関の中で、6つの原則の実践がなく改善の進捗が明らかでない場合、その署名機関を除名することを決定した。PRIのマネージング・ディレクターを務めるFiona Reynolds氏は2016年9月6日、シンガポールにて開催された年次総会において、PRIは1,500の署名機関を対象に、進捗のない署 [...]

» 続きを読む
2016/10/18 ESG 最新ニュース

【オーストラリア】シドニー証券取引所、持続可能な証券取引所(SSE)イニシアチブに加盟

Facebook Twitter Google+

 シドニー証券取引所は9月16日、国連の持続可能な証券取引所(Sustainable Stock Exchanges Initiative、以下SSE)イニシアチブに加盟すると発表した。SSEイニシアチブに加盟する初めてのオーストラリアの証券取引所となる。シドニー証券取引所の加盟により、これでSSEイニシアチブへの加盟取引所は世界で60となった。シドニー証券取引所は、今後SSEイニシアチブのプラットフォームを活用し、透明性の確保や、倫 [...]

» 続きを読む
2016/10/14 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】SDGsへの投資

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターが季刊で発行する資本市場におけるサステナビリティに特化した最初の情報発行媒体ESGマガジン(ESG Magazine ISSUE05 Autumn 2016)に、VigeoEIRISのアナリストが寄稿した記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  2015年9月に国連総会で採択された17の「持続可能な開発目標(SDGs)」は、野心的なものである。SDGsは、2001年に策定された8つの「 [...]

» 続きを読む
2016/09/29 ESG 最新ニュース

【アジア太平洋】AIGCC、アジア太平洋各国のグリーンファイナンス現状をレポート

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応のためアジア太平洋地域の金融機関や投資家で構成するAsia Investor Group on Climate Change(AIGCC)は9月6日、アジア太平洋地域の気候変動ファイナンスの包括的な分析レポート「Investing for the climate in Asia」を公表。地域各国の取組現状をまとめるとともに、COP21パリ協定の2℃目標達成のためには、再生可能エネルギーの推進やエネルギー効率の改善などでア [...]

» 続きを読む
2016/09/13 ESG 最新ニュース

【ドイツ】ベルテルスマン財団、各国のSDGs達成状況を報告。日本は7項目で大幅未達

Facebook Twitter Google+

 ドイツ最大の財団であるベルテルスマン財団は7月21日、国連持続可能な開発目標(SDGs)で定める2030年までの達成目標に向け、各国の状況をまとめた報告書「SDG INDEX & DASHBOARDS」を発表した。報告書には、149ヶ国のSDGs達成状況ランキングと詳細な分析が記載されており、全部で400ページ以上。報告書は、国連事務総長特別顧問を務めるジェフリー・サックス・コロンビア大学教授や、SDGsの推進機関として設立されたS [...]

» 続きを読む
2016/07/30 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】国際資本市場協会、「グリーンボンド原則」2016年改訂版を発表

Facebook Twitter Google+

 欧州を中心に世界約60カ国470の金融機関が加盟する国際団体である国際資本市場協会(ICMA)は6月16日、グリーンボンド発行時の自主的ガイドラインである「グリーンボンド原則(GBP)」の2016年改訂版を発表した。ICMAはロンドンとチューリヒに本部を置き、欧州では政府から自主規制機関としても認められている機関。欧米の金融機関が中心となって、2014年1月にGBPの初版を発行して以来、欧米の多くの主要銀行が同原則への支持を表明して [...]

» 続きを読む
2016/06/28 ESG 最新ニュース

【国際】WBCSDとCBI、企業の発行するグリーンボンド市場の拡大に向けて協働へ

Facebook Twitter Google+

 低炭素経済に向けた大規模投資を促進する国際NPOのCBI(Climate Bonds Initiative、気候債券イニシアチブ)とWBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は2月29日、サステナビリティと気候変動対策を前進させる低炭素投資の拡大に向けてパートナーシップを締結することを発表した。今後、両者は企業が発行するグリーンボンドの市場拡大に向けて協働していく。  2007年以降、グリーンボンド市場全体は年間50%の成長 [...]

» 続きを読む
2016/03/16 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る