Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】PRI、日本のESG投資や受託者責任の現状と提言をまとめた報告書を発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Generation Foundationは4月26日、日本でのESG課題や受託者責任(フィデューシャリー・デューティー)の現状と提言をまとめた報告書「Japan roadmap」を発表した。  今回発表のロードマップでの提言の大きな柱は、日本の機関投資家は投資及び意思決定プロセスにおいて重要なESG課題を考慮するという受託者責任を負っていることを理解すべき [...]

» 続きを読む
2017/05/12 ESG 最新ニュース

【国際】PRI、エネルギー業界にメタン排出情報開示を促す集団的エンゲージメントを開始

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月20日、エネルギーと電力事業者に対してメタン排出量の管理と情報開示を求める新たな国際的な集団的エンゲージメントを開始したと発表した。この集団的エンゲージメントに、すでに11ヶ国から30の機関投資家が参加した。  今回発表の集団的エンゲージメントに先駆け、PRIは石油・ガス業界でメタン排出を伴う水圧破砕の分野で2年間の集団的エンゲージメントを実施してきた。今回の取り組みでは、天然ガス業界の上流・下流双方 [...]

» 続きを読む
2017/05/03 ESG 最新ニュース

【アメリカ】ムーディーズ、CBIのClimate Bonds Partners Programに参加

Facebook Twitter Google+

 債券格付世界大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは4月19日、グリーンボンド業界基準策定の気候債券イニシアチブ(CBI)の「Climate Bonds Partners Program」に参加した。Climate Bonds Partners Programは、グリーンボンドの普及に向けた調査、啓蒙活動などを展開。同プログラムに参加すると、CBIが保有するデータへのアクセスが可能となる。  ムーディーズ・インベスターズ・サービ [...]

» 続きを読む
2017/05/01 ESG 最新ニュース

【イギリス】アクチュアリー会、気候変動が年金基金にもたらすインパクト分析のため研究会発足

Facebook Twitter Google+

 英国アクチュアリー会(IFoA)は4月13日、気候変動下での年金基金のあり方に関する研究プロジェクトを、同会のアクチュアリー・リサーチ・センターを通じて実施していくことを発表した。外部機関や関係者を招集し提言をまとめる。  同会は、地球の環境悪化に伴い、環境や資源に関する課題が大きくなる中、年金基金のスキームにどのようなインパクトをもたらすかを注視。依然不透明な気候変動インパクトを見極めていく。とりわけ、気候変動が年金制度の負債と資 [...]

» 続きを読む
2017/04/25 ESG 最新ニュース

【環境省】グリーンボンドガイドライン2017年版公表

Facebook Twitter Google+

 2017年3月28日、環境省から「グリーンボンドガイドライン2017年版」が公表された。グリーンボンドとは、企業や地方自治体等が、国内外のグリーンプロジェクトに要する資金を調達するために発行する債券等(証券化商品等を含む。以下単に「債券」と記す)であり、具体的には、①調達資金の使途がグリーンプロジェクトに限定され、②調達資金が確実に追跡管理され、③それらについて発行後のレポーティングを通じ透明性が確保された債券を意味する。国際的には [...]

» 続きを読む
2017/04/12 ESG 最新ニュース

【アメリカ】カルパース、SEC再検討中の「Pay Ratio Rule」に支持表明

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)は3月22日、米国証券取引委員会(SEC)が導入を検討している「Pay Ratio Rule」について、同ルールを支持する意向レターをSECに送付した。  この「Pay Ratio Rule」は、米国で社会問題となっている所得格差の是正を目指し、SECが導入を進めているもので、CEO報酬額が全従業員給与の中央値の何倍かという倍率を上場企業に対して開示するという内容となっている。SE [...]

» 続きを読む
2017/04/06 ESG 最新ニュース

【国際】IFC、約5億ドルのソーシャルボンド発行。小規模農家や低所得者層を支援

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は3月22日、5億米ドルのソーシャルボンドを発行した。償還日2020年3月30日の3年債。利率は年1.75%。ロンドン証券取引所に上場された。引受会社は、シティグループ、クレディ・アグリコールCIB、JPモルガン。  IFCは調達とした資金を、社会的弱者に対する支援プログラムに投じる。プログラムには、小規模農家からの農作物調達を行う企業への金融支援、低所得世帯に電力供給する企業への金融支援、低 [...]

» 続きを読む
2017/04/02 ESG 最新ニュース

【国際】世界銀行、SDGsの達成状況に連動する債券を発行

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は3月9日、債券利率が国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況に連動する債券を発行した。利率がSDGsの達成状況に連動する債券は世界初。発行額は15年債が1億680万ユーロ(約130億円)と20年債が5,680万ユーロ(約70億円)で、総額は約200億円。フランスとイタリアの機関投資家が購入した。  発行された債券の利率は、「Solactive Sustainable Develop [...]

» 続きを読む
2017/03/18 ESG 最新ニュース

【ニュージーランド】政府、同国初のソーシャル・インパクト・ボンド発行。メンタルヘルス分野で

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランド政府は2月21日、同国初となるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を発行する予定だと発表した。ソーシャル・インパクト・ボンドは特殊な債券の一つで、掲げる政策目標の達成度合いに応じて投資家に利率が支払われる仕組み。世界的に国債や地方債の形で発行されることが多い。  同国初のソーシャル・インパクト・ボンドは6年債で、メンタルヘルス政策を対象とする。ボンドのスキームでは、調達資金は、職業復帰・障害者サービスで実績のある [...]

» 続きを読む
2017/03/16 ESG 最新ニュース

【国際】SSE、加盟証券取引所に対し、上場企業の男女平等アクションを後押しするよう要望

Facebook Twitter Google+

 国連の持続可能な証券取引所イニシアチブ(SSE)は3月8日、証券取引所が世界の男女平等に向け果たすべき役割をまとめた報告書「How Stock Exchanges Can Advance Gender Equality」を発表した。SSEは、国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献として「男女平等」「よい仕事と経済発展」「責任ある消費」「気候変動」「目標達成のためのパートナーシップ」の5つの目標を重点テーマとして掲げ、加盟している [...]

» 続きを読む
2017/03/11 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る