Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【ヨーロッパ】IIGCC、デンマーク年金基金PKAのCEOが新議長に就任

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応のため欧州の金融機関や投資家で構成するInstitutional Investors Group on Climate Change(IIGCC)は1月1日、デンマークの年金基金PKAのPeter Damgaard Jensen CEOが次期議長に就任したと発表した。2011年11月から前任議長を務めていたBT(ブリティッシュ・テレコム)グループの年金基金であるBT Pension SchemeのDonald MacDo [...]

» 続きを読む
2017/01/20 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】あなたのポートフォリオにある企業は、デジタル資産をカバーしているか?

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  シリコンバレーは、人類史上、最も著しく富を創造してきた場所の1つとなった。特に最近では、その富の相当な部分は、増加していく新しいタイプの資産、すなわち消費者の情報を収集し蓄積することを可能とした先進技術から生じている。  この情報には、ユニークで素晴らしい、ある特質がある。 この情報を獲得することには、著しいスケールメリットが働く。すなわ [...]

» 続きを読む
2017/01/19 ESG 最新ニュース

【RI特約記事】トランプ氏によるパリ協定脱退と異なる路線を行く企業・投資家

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  「伸し掛かるプレッシャーは大きくなり、政府からの援助は得られなくなるだろう。しかしこの場にいる方々であれば出来ると確信している。我々はメイン・ストリームになりつつあるが努力し続けなければならない。このチームであれば可能である。」  先日、米国デンバーにてFirst Affirmative Financial Networkが開催したSRI [...]

» 続きを読む
2017/01/17 ESG 最新ニュース

【アメリカ】CalPERS、たばこ産業ダイベストメントの対象を拡大

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)の投資委員会は12月19日、2000年から実施しているたばこ関連企業の株式および債券への投資規制を継続させることを決議した。2015年に同基金の投資コンサルタントであるWilshire Associateが実施した調査により、たばこ産業への投資規制により約30億米ドルの収益を逸していると報告され、その後複数の観点からたばこ投資規制の是非の検討が行われた。検討の結果、現行規制の継続だけ [...]

» 続きを読む
2017/01/05 ESG 最新ニュース

【日本】日本政策投資銀行(DBJ)、国連責任投資原則(PRI)に署名

Facebook Twitter Google+

 財務省所管の政策金融機関、日本政策投資銀行(DBJ)は12月12日、国連が推進するESG投資イニシアチブである国連責任投資原則(PRI)に署名した。同じく同行100%子会社のDBJアセットマネジメントも同日PRIに署名した。  DBJは署名に至った理由について、以前から「投融資等を通じたCSR」として、独自の観点から真に社会に有用な事業を見極め、持続可能な社会の実現に向けた取り組みに注力してきたことことを挙げ、PRIの精神DBJのこ [...]

» 続きを読む
2016/12/28 ESG 最新ニュース

【ブラジル】サンパウロ証券取引所、サステナビリティ株式指数ISEにSDGs観点を採用

Facebook Twitter Google+

ブラジル最大の取引所であるサンパウロ証券・商品・先物取引所は11月24日、同取引所のサステナビリティ株式指数(ISE)の銘柄入替えを発表した。ISE指数構成新銘柄の対象期間は2017年1月2日から2018年1月5日まで。入替え後の全体銘柄は、15業種の34社の株式38種で構成。合計時価総額は1兆3,100億ブラジルレアルで、取引総額は2016年11月22日の日次取引高の52.14%を占める。  サンパウロ証券・商品・先物取引所は、北米 [...]

» 続きを読む
2016/12/23 ESG 最新ニュース

【国際】IIGCC、石油ガス企業に対し気候変動対応を求める実践ガイド第2版を発表

Facebook Twitter Google+

気候変動対応のため欧州の金融機関や投資家で構成するInstitutional Investors Group on Climate Change(IIGCC)は11月22日、石油・ガス産業に対し気候変動への対応を求める実践ガイド「Investor Expectations for Oil and Gas Companies: transition to a Lower Carbon Future」を発表した。今回のガイドは、地域ごとの [...]

» 続きを読む
2016/12/09 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】プライベート・エクイティ協会、ESGデューデリのための質問表発表

Facebook Twitter Google+

 欧州のプライベート・エクイティ(PE)ファンドマネージャー協会Invest Europeは11月17日、PEファンドマネージャーが投資先企業のESGデューデリジェンスを行う際に活用できる質問表ツールを開発したと発表した。この質問表を活用することで、PEファンドマネージャーや投資先企業は、ESG取組状況の診断ができるという。  ESGデューデリジェンス質問表は、対象企業のオペレーションやサプライチェーン全体について、環境インパクト、健 [...]

» 続きを読む
2016/12/02 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】欧州投資銀行とソシエテ・ジェネラル、造船業の環境化に向けた信用保証業務提供で合意

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)と銀行世界大手ソシエテ・ジェネラルは11月8日、EUが展開する「欧州投資計画(ユンカープラン)」及び欧州地域エネルギー・交通・通信ネットワーク分野でのインフラプロジェクトを支援する枠組み「コネクティング・ヨーロッパ・ファシリティ(CEF)」のスキームを活用し、造船業の環境化に向けた総額1億5,000万ユーロ(約176億円)の信用保証業務で合意に至ったことを発表した。  EUは2015年10月に海洋分野の閣僚級会 [...]

» 続きを読む
2016/11/23 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】国際資本市場協会、「グリーンボンド原則・リソースセンター」を開設

Facebook Twitter Google+

 ヨーロッパを中心に約60ヶ国、500以上の金融機関が参加する国際資本市場協会(ICMA)は11月2日、「グリーンボンド原則・リソースセンター」というウェブサイトを開設したと発表した。グリーンボンド原則とは、グリーンボンド市場の透明性向上と情報公開を目指す自主的なガイドライン。  同センターが提供する情報は、「グリーンボンド・データベースとFAQ(よくある質問)」「調達資金の利用」「その他の情報」の大きく3つ。「グリーンボンド・データ [...]

» 続きを読む
2016/11/22 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る