Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】機関投資家ら、マクドナルドに対し鶏肉以外への抗生物質使用の中止を要望

Facebook Twitter Google+

 投資を通じた社会変革を目指す機関投資家ら約300社によるNGOのInterfaith Center on Corporate Responsibility(以下、ICCR)は9月17日、ICCRの会員企業および食肉生産会社、ファストフード企業らの株主が共同で米食品大手のマクドナルドに対し、食肉生産における治療目的以外での抗生物質の使用を禁止するよう求める株主決議案を提出したと発表した。  マクドナルドは2015年の3月、抗生物質を餌 [...]

» 続きを読む
2015/10/09 ESG 最新ニュース

【国際】世界60以上の投資家ら、食品飲料企業15社に対して水リスク管理の強化を要請

Facebook Twitter Google+

 水不足および水質汚染のリスク増加への懸念が高まる中、総計2.6兆米ドル以上の資産を運用する北米および欧州の60以上の主要な機関投資家らは8月19日、水リスクの管理および情報開示の強化を要請する文書を食品飲料企業15社に送付した。  同文書は、食品飲料企業の水リスク管理について調査し、投資家向けにスコアを公開しているNPOのセリーズがとりまとめたものだ。セリーズが先日公開したレポート、"Feeding Ourselves Thirst [...]

» 続きを読む
2015/09/04 ESG 最新ニュース

【バングラデシュ】国際金融公社、バングラデシュの繊維産業の労働環境向上に向け5000万米ドルを融資へ

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(以下、IFC)は7月7日、バングラデシュの繊維産業における労働環境の安全性向上に向けて、同国の地元銀行らに5000万米ドルを融資するともに、バングラデシュにサプライヤーを抱えるグローバル企業らとパートナーシップを締結すると発表した。IFCがバングラデシュの銀行に長期の融資を行うのは今回が初めてとなる。  現在バングラデシュの繊維産業は同国の輸出の80%を占めており、約4,500の工場で400万人もの人 [...]

» 続きを読む
2015/08/05 ESG 最新ニュース

【アメリカ】機関投資家ら、大手食品企業らと共にRSPO認証の基準強化を要求

Facebook Twitter Google+

 合計約5兆米ドルの資産を運用する機関投資家らは6月15日、ケロッグやスターバックス、P&G、花王、ウォルマートなどの大手食品関連企業らと共に、持続可能なパーム油の国際認証のRSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil)に対して持続可能なパーム油認証の基準強化を求める要望書を提出した。パーム油は現在全ての包装食品の約50%に使用されていると推定されており、森林破壊の最たる原因ともなっている。  要望書 [...]

» 続きを読む
2015/07/06 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る