【イギリス】ビジネススクール、MBA学生を惹きつける鍵はサステナビリティ

Facebook Twitter Google+

 今、将来のビジネスリーダー育成を担う世界のビジネススクールでは、「サステナビリティ」が優秀な学生を惹きつける鍵となりつつある。英紙ガーディアンは先日、"Sustainability now key selling point for business schools attracting students"という記事の中でビジネススクールにおけるサステナビリティについての教育の現状を分析した記事を掲載している。  同記事内で紹介され [...]

» 続きを読む

【イギリス】A4S、CFO・財務会計担当者向けのサステナビリティ事業統合ガイドを公表

Facebook Twitter Google+

 英国に本拠を置くThe Prince’s Accounting for Sustainability Project(以下、A4S)のCFO Network(最高財務責任者ネットワーク)は3月11日、財務会計担当者向けに、サステナビリティを事業プロセスと意思決定に統合する際の実務上の課題を解決するための4つの手引きを公表した。  この手引きはA4SのCFOリーダーシップネットワークおよび財務、リスク管理、内部監査、IR、サステナビリ [...]

» 続きを読む

【イギリス】「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に対応した世界初の人権報告フレームワークが誕生

Facebook Twitter Google+

 国連ビジネスと人権に関する指導原則(以下、UNGPs)に沿った人権の取り組み状況に関する世界で初めての包括的な報告フレームワーク、"The UN Guiding Principles Reporting Framework"が開発され、2月24日にロンドンで公表された。  同フレームワークを開発したのはUNGPsの研究機関であるShiftおよび、グローバルアカウンティングファームのMazars(マザー)で、18カ月に渡り研究、協議を [...]

» 続きを読む

【イギリス】モバイル端末の売上を伸ばし、環境負荷を減らすための鍵は中古市場

Facebook Twitter Google+

 使用済みスマートフォンなどの中古モバイル端末を再利用・再販売するビジネスモデルが構築できれば、端末利用によるカーボン・フットプリントを50%削減しつつ、同時に売上も拡大可能。また、消費者がスマートフォン端末を1年長く利用するだけで、CO2排出インパクトは31%も削減できる。そんな興味深い調査結果を英国の非営利シンクタンク、Green Allianceが明らかにした。  同社によれば、モバイル端末の中古市場は急成長しており、米国単体で [...]

» 続きを読む

【イギリス】CO2排出量削減と生活水準の向上は両立可能

Facebook Twitter Google+

英国エネルギー・気候変動省(Department of Energy and Climate Change、以下DECC)は1月28日、「人々は世界の気温上昇を2℃以内に抑えるべくCO2排出量削減に取り組みながらも、生活水準を向上させることができる」との調査結果を発表した。 この調査結果は、DECCおよびEUの気候変動イニシアチブ、Climate KICが主導で開発したオンラインツール、”Global Calculator Tool” [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバ、工場から埋立地への廃棄物ゼロを達成

Facebook Twitter Google+

消費財大手のユニリーバは1月28日、同社の抱えるグローバル工場ネットワークから埋立地へと送る廃棄物をゼロにする、という同社の主要なサステナビリティ目標を達成したと発表した。 今回ユニリーバは世界67カ国にまたがる240以上の工場という非常に大きな規模での廃棄物ゼロを実現することに世界で初めて成功した。この発表と時期を同じくして、同社はDow Jones Sustainability Index 2014(ダウ・ジョーンズ・サステナビリ [...]

» 続きを読む

【イギリス】サステナビリティ報告を価値創造に結び付けるための鍵は透明性

Facebook Twitter Google+

「多くの企業が、サステナビリティ報告書の作成に費やしている時間や資源に見合った価値を報告書から生み出せていない。」そんな最近の傾向に警鐘を鳴らしたのは、ロンドンに本拠を置くサステナビリティ戦略コンサルティング会社のSustainAbilityだ。 SustainAbilityは昨年12月に公表した”See Change How Transparency Drives Performance”というレポートの中で、現状多くの企業がサステ [...]

» 続きを読む

【イギリス】グローバル・サステナビリティ・フィルム・アワード2014が開催!

Facebook Twitter Google+

最近はコーポレートブランディングの一環として自社のサステナビリティ活動を映像作品として発信する企業が増えてきている。そうした企業らの映像作品を表彰するイベントがロンドンで開催された。 環境・社会問題に関する映像制作を手がける英国のチャリティ団体tveは12月9日、ロンドンのBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)でGlobal Sustainability Film Awards 2014を開催した。同イベントは、サステナビリティ活 [...]

» 続きを読む

【イギリス】Tesco、5,000のサプライヤー向けにオンライン・サステナビリティ・コミュニティをオープン

Facebook Twitter Google+

英国小売最大手のTescoは今月、サプライチェーンのサステナビリティ強化に向けて同社が抱える約5,000のサプライヤー向けにオンライン・コミュニティをオープンする。 新たに開始予定のコミュニティ・サイト”Tesco Supplier Network”はソフトウェア・ソリューションのAnthesis Groupが開発・運営を担当しており、オンライン上でTescoのサプライヤーや生産者ら同士の情報共有を可能にすることで、サプライチェーン全 [...]

» 続きを読む

【戦略】CSRからCSVへ? 〜CSV、CSR、サステナビリティ、CR、SRの違い〜

Facebook Twitter Google+

マイケル・ポーター教授が火を付けた"CSV" 2011年にハーバード大学のマイケル・ポーター教授が、ハーバード・ビジネス・レビュー誌で発表した論文 "Creating Shared Value"。それ以降、日本でもCSVという言葉が多用されるようになりました。CSVを説明するにあたり、ポーター教授は論文の冒頭で、 Shared value is not social responsibility, philanthropy, or e [...]

» 続きを読む
2014/12/16 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る