【イギリス】グローバル・サステナビリティ・フィルム・アワード2014が開催!

Facebook Twitter Google+

最近はコーポレートブランディングの一環として自社のサステナビリティ活動を映像作品として発信する企業が増えてきている。そうした企業らの映像作品を表彰するイベントがロンドンで開催された。 環境・社会問題に関する映像制作を手がける英国のチャリティ団体tveは12月9日、ロンドンのBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)でGlobal Sustainability Film Awards 2014を開催した。同イベントは、サステナビリティ活 [...]

» 続きを読む

【イギリス】Tesco、5,000のサプライヤー向けにオンライン・サステナビリティ・コミュニティをオープン

Facebook Twitter Google+

英国小売最大手のTescoは今月、サプライチェーンのサステナビリティ強化に向けて同社が抱える約5,000のサプライヤー向けにオンライン・コミュニティをオープンする。 新たに開始予定のコミュニティ・サイト”Tesco Supplier Network”はソフトウェア・ソリューションのAnthesis Groupが開発・運営を担当しており、オンライン上でTescoのサプライヤーや生産者ら同士の情報共有を可能にすることで、サプライチェーン全 [...]

» 続きを読む

【戦略】CSRからCSVへ? 〜CSV、CSR、サステナビリティ、CR、SRの違い〜

Facebook Twitter Google+

マイケル・ポーター教授が火を付けた"CSV" 2011年にハーバード大学のマイケル・ポーター教授が、ハーバード・ビジネス・レビュー誌で発表した論文 "Creating Shared Value"。それ以降、日本でもCSVという言葉が多用されるようになりました。CSVを説明するにあたり、ポーター教授は論文の冒頭で、 Shared value is not social responsibility, philanthropy, or e [...]

» 続きを読む
2014/12/16 体系的に学ぶ

【イギリス】サステナビリティに貢献するアプリ、eBay、Kindle、Skypeなどがランクイン

Facebook Twitter Google+

スマートフォンが世界的に普及しつつある今、モバイルアプリをサステナビリティ向上への活用できる可能性が高まってきている。消費者は様々なモバイルアプリの利用を通じて意図する、しないに関わらずよりサステナブルな消費行動を取り入れるようになってきているのだ。 英国コンサルティングファームWSP Groupは先日、独自の評価手法で世界のサステナビリティに貢献しているモバイルアプリランキングTOP20をまとめたホワイトペーパー“Apps for [...]

» 続きを読む

【イギリス】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、タバコ農家のサステナビリティに関するレポートを公表

Facebook Twitter Google+

タバコ製造大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコは11月3日、最新のサステナビリティレポート”Supporting farmers' livelihoods: The opportunity”を発表した。同レポートは、同社に原料を供給しているタバコ農家の生活のサステナビリティ向上にスポットが当てられている。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコは現在10万を超える契約農家およびそれ以外のサプライヤーから年間40万トンのタバコの葉を仕入 [...]

» 続きを読む

【イギリス】電力量全体の約24%を風力発電が供給、新記録を達成

Facebook Twitter Google+

イギリスでは、大規模なガス発電施設が火災に苛まれ、いくつかの原子力発電所が操業を止めていた10月下旬の週末、止むことなく吹き続けた強い風が国内の電力供給を支えた。イギリスの再生可能エネルギー推進NPO、RenewableUKによれば10月18日土曜日の正午には風力発電が30分以上に渡って最大発電量7,998 MWを記録したという。 この発電量はイギリスの10月の平均電力使用量を元にすると1,700万世帯分の電力量に相当し、EnAppS [...]

» 続きを読む

【イギリス】グローバルブランド25社以上が結束し、新たなオンラインプラットフォームを公開

Facebook Twitter Google+

持続可能なライフスタイルをより身近で、より取り組みたいと感じるものにすることで、人々のサステナビリティに対する見方を変えたい。 そんな思いのもと、世界を代表するグローバルブランド25社以上が結束し、より持続可能な未来の実現に向けて一人一人のアクションを促すための新たなオンラインプラットフォーム、「Collectively」をオープンした。 Collectivelyは、英国のNPO、Forum for the Futureが10月7日に [...]

» 続きを読む

【イギリス】マークス&スペンサー、モバイルテクノロジーを活用してサプライヤー工場の労働環境調査を実施

Facebook Twitter Google+

英国小売大手のマークス&スペンサーは10月21日、自社サプライチェーンの労働環境改善に向けた取り組みとして、中国、インド、バングラデシュ、スリランカ、イギリスの5カ国に存在する46の製造工場で働く労働者64,230名に対し、モバイルテクノロジーを活用した労働環境に関する実態調査を実施したと発表した。これは、当初の30ヶ国、22,500名という目標を2倍以上も上回るものだ。 同社によれば、今回の調査の結果により、職場でのコミュニケーショ [...]

» 続きを読む

【イギリス】イギリスの空港、利用者数増加とCO2削減を同時に達成

Facebook Twitter Google+

イギリスの空港業界を代表するAirport Operators Association(空港運営協会、以下AOA)は、9月10日に議会で公表したレポート「Sustainable Airports: Improving the environmental impact of the UK’s global gateways」の中で、イギリスの空港は2010年からの2年間で10万人以上も利用客数が増加しているにも関わらず、CO2排出量およ [...]

» 続きを読む

【イギリス】コカ・コーラ・エンタープライズ、持続的な成長への鍵はサプライヤーとの協働

Facebook Twitter Google+

2014年6月26日に公表されたCCE(Coca Cola Enterprise:コカ・コーラ・エンタープライズ)のサプライヤーに関する調査によると、同社のサプライヤー企業はサステナブル・イノベーションのためのアイデアを追求する最善の方法として、サプライヤーの協働(87%)、消費者の協働(86%)、従業員の貢献(84%)を挙げていることが明らかになった。CCEはThe Coca Cola Company(コカ・コーラ)系列の最大手ボト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る