【アメリカ】NY州最高裁、エクソンとPwCに対し気候変動証拠文書を司法当局へ提出するよう命じる判決

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク州最高裁判所は10月26日、石油世界最大手エクソンモービルと、同社の監査法人PwCに対し、同州のエリック・シュナイダーマン州司法長官が発した証拠文書提出令状に応じることを命じる判決を下した。シュナイダーマン州司法長官は昨年頃より、エクソンモービルが温室効果ガスや排出や気候変動に関連するリスクを投資家や市民に対して偽っているという詐欺行為の疑いで捜査をしており、昨年11月同社に対して、今年8月にPwCに対して、関連証拠書 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】17州司法長官が連盟、温暖化ガス削減に向け、企業への圧力を強化

Facebook Twitter Google+

 3月29日、全米から25州・準州の司法長官がニューヨークに集結した。呼びかけたのは、ニューヨーク州のEric T. Schneiderman司法長官と、バーモント州のWilliam Sorrell司法長官。議題は気候変動だ。この会合には、元米副大統領で現在環境NGOのClimate Reality Project議長を務めるアル・ゴア氏も招かれ、17州・準州の司法長官が連合体「AGs United for Clean Power」を [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SEC、エクソンモービルに気候変動提案を株主総会議題にするよう指示

Facebook Twitter Google+

 ロイター誌が報じたところによると、米証券取引委員会(SEC)は3月22日、世界最大の民間石油企業エクソンモービルに対し、同社の株主であるニューヨーク州政府会計監査官(Comptroller)が要求する気候変動に関する株主提案を、年次株主総会での議題の中に含めるよう指示した。この株主提案は、同社に対して、気候変動及びそれに関する法整備が同社の事業活動遂行能力に与える具体的なリスクを特定するよう求めている。  エクソンモービルはこれまで [...]

» 続きを読む

【エネルギー】石油産業の構造① ー供給の歴史:石油企業と産油国の150年ー

Facebook Twitter Google+

 石油。化石燃料の中でも最もその動向が話題になる物質です。石油は自動車燃料やジェット燃料、また火力発電所の燃料として使われるだけでなく、プラスチックやナイロン、芳香剤など化学素材の原料ともなっています。シェールオイル、OPEC、スーパーメジャー、イラン、サウジアラビア等、毎日のように登場する石油産業のキーワード。世界経済の根幹として機能している石油の価格はここ数年、大きく変動しており、経済関係者や投資家はその変動を固唾を呑んで見守って [...]

» 続きを読む
2016/01/28 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る