【アメリカ・オランダ】Cradle to Cradle、第3回製品デザイン大会の優勝者発表

Facebook Twitter Google+

米サンフランシスコと蘭フェンローに本部を置くNGO、Cradle to Cradle Products Innovation Instituteは6月14日、第3回「Cradle to Cradleプロダクトデザインチャレンジ」の優勝者を発表した。Cradle to Cradle Products Innovation Instituteは、サステナビリティの中で普及してきている概念「Cradle to Cradle(ゆりかごからゆり [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】シェル、気候変動2℃目標に向けた社会シナリオを発表

Facebook Twitter Google+

 石油世界大手のロイヤル・ダッチ・シェルは5月上旬、昨年国際合意に至った「パリ協定」での合意点を前提としたシナリオ示す文書「A Better Life With a Healthy Planet」を公表した。同社はこれまで「地球の気温上昇を産業革命以前と比較して2度未満に抑える」ことは実現が困難として、自社のシナリオ作成の際にもそれを前提としてこなかった。背景について、英環境メディアのCarbon Briefは、気候変動に関する情報開 [...]

» 続きを読む

【オランダ】フィリップス、環境配慮型製品の売上比率が全体の54%に上昇

Facebook Twitter Google+

 電機・家電製品大手のフィリップスは2月23日、2015年のサステナビリティ活動の進展状況を公表し、環境配慮型製品の売上が130億ユーロとなり、売上全体の54%に達したことを明らかにした。同社は2015年、4億9500万ユーロを環境分野のイノベーションに投資し、炭素排出量を前年比で7%削減することに成功したという。  具体的な取り組みとしては、廃棄素材のリサイクル率を前年の80%から83%まで高めたほか、製品ポートフォリオ全体において [...]

» 続きを読む

【オランダ】ユニリーバ、世界600ヶ所以上で非有害廃棄物の埋め立て廃棄ゼロを達成

Facebook Twitter Google+

 消費財大手のユニリーバは2月9日、世界70ヶ国の工場、倉庫、配送センターやオフィスなど全600か所以上において、非有害廃棄物の埋め立て廃棄ゼロを達成したと公表した。  同社は2015年1月に、240ヶ所以上の向上において埋め立て廃棄ゼロを達成したと公表していたが、このモデルを事業全体に適用し、残りの約400ヶ所からも埋め立て廃棄をなくすことに成功した。  ユニリーバは、今回の達成は「4R(Reducing:削減、Reuse:再利用、 [...]

» 続きを読む

【環境】二酸化窒素濃度の高い国 ー中国・日本・イタリア・ドイツ・ベネルクス・英国ー

Facebook Twitter Google+

気候変動と大気汚染  大気に関連する環境問題でよく耳にする言葉があります。気候変動と大気汚染。両者は全く別のものではあるのですが、同じ大気環境の話なのでよく混同しがちです。気候変動とは、広く気候条件が変化することを指しますが、特に最近では温室効果ガスにより地球の温度が上昇していく傾向のことを指します。温室効果ガスの種類にはいくつかあり、その中で最大のものが二酸化炭素(CO2)です。その他にもメタン、一酸化二窒素(N2O)、フロンガスな [...]

» 続きを読む
2016/01/13 体系的に学ぶ

【オランダ】ユニリーバ、2030年までに「カーボン・ポジティブ」を実現へ

Facebook Twitter Google+

 消費財大手のユニリーバは11月27日、同社の気候変動目標として2030年までに「カーボン・ポジティブ」を達成すると発表した。2020年までにエネルギーミックスから石炭を排除し、送電網から購入するエネルギーの全てを再生可能エネルギーに切り替え、2030年までに事業運営を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す。  さらに、2030年までに自社で使用する以上の再生可能エネルギー創出を直接的に支援し、余剰分については事業を展開する市場 [...]

» 続きを読む

【オランダ】世界初、ロッテルダムがリサイクルプラスチックによる道路舗装を検討

Facebook Twitter Google+

 オランダのロッテルダムで、リサイクルプラスチックボトルを使用して道路を舗装するという画期的な計画が検討されている。英ガーディアン誌によると、ロッテルダムの市議会が、アスファルトよりも環境に優しく施工も早いリサイクルプラスチックによる路面舗装を検討しているとのことだ。  この画期的なプロジェクトを公表したのはオランダの建設会社、VolkerWesselsだ。同社は100%リサイクルプラスチック素材でできた道路舗装プロジェクト、"Pla [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバ、初となる人権に関する報告書”Human Rights Report”を公表

Facebook Twitter Google+

 消費財大手のユニリーバは6月30日、同社の人権に関する取り組みについてまとめた初となる報告書、"Unilever Human Rights Report 2015"を公表した。同報告書はユニリーバの人権に関する目標および、同社の事業の全領域における人権尊重に向けた取り組みと課題をまとめたものだ。  報告書の中では女性のエンパワーメントやセクシャルハラスメント対策、サプライチェーン全体における健康・安全課題への対処など同社の重点領域に [...]

» 続きを読む

【オランダ】アムステルダム、サステナブルな都市に向けて取り組みを加速

Facebook Twitter Google+

 オランダの首都アムステルダムが、サステナブルな都市の実現に向けて革新的な取り組みを急スピードで進めている。アムステルダム市議会は今年の3月に、同市のサステナビリティ推進計画「サステナビリティアジェンダ」を可決した。2020年までに自家発電をする家庭を92,000戸まで増加させるほか、家屋をつなぐ直接暖房の導入によるエネルギー消費の削減、環境に配慮したグリーンビルディングの推進などが盛り込まれている。また、交通システムについては電気輸 [...]

» 続きを読む

【オランダ】ハイネケンが仕掛けるユニークなデジタル・サステナビリティ・ストーリーテリング

Facebook Twitter Google+

 ビール醸造大手のハイネケンが、同社のサステナビリティに対する取り組みをより多くの消費者に知ってもらおうと、ソーシャルメディアなどを活用したユニークなデジタルキャンペーンを展開している。The Legendary 7と名付けられたキャンペーンは、消費者が楽しみながら同社のサステナビリティ活動について知ることができる参加型のキャンペーンだ。  ハイネケンは2020年までに主要な原材料の50%を持続可能な調達にすることを宣言しており、サプ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る