【オランダ】アパレル工場で働く人々の賃金向上を実現するためのポータルサイトがオープン

Facebook Twitter Google+

 アパレル業界のサプライチェーンで働く人々の賃金が一向に上がらないのは一体何が原因で、それはどうすれば解決することができるのか?その難しい課題に取り組むべく、オランダのアムステルダムに本拠を置き、アパレル業界の労働条件向上に取り組んでいる国際NPOのFair Wear Foundation(以下、FWF)は先月、世界のアパレル業界を取り巻く現状の課題と解決策についてまとめたポータルサイト、「Living Wage Portal」を立ち [...]

» 続きを読む

【オランダ】ユニリーバ、森林破壊の抑止に向け木繊維の新たな調達方針を公表

Facebook Twitter Google+

 消費財大手のユニリーバは4月7日、森林破壊を食い止めるための活動の一環として木繊維に関する新たな調達方針を公表した。今後、同社はアイスクリーム用の木製スティックなども含む製品パッケージの多くを2015年末までにより持続可能な形で調達していく。  ユニリーバの目標は2020年までに木繊維が含まれる全ての素材を追跡可能かつ品質が保証され、製造元が確実に分かるものにすることだ。同社は2014年に持続可能な形で調達された紙や板の割合を前年の [...]

» 続きを読む

【オランダ】ハイネケンと国連工業開発機関、新興市場の水のサステナビリティに向けて協働

Facebook Twitter Google+

 ビール醸造大手のハイネケンとUNIDO(国連工業開発機関)は2月27日、新興国のインクルーシブな成長の実現に向け、今後、主に水問題を中心として様々なサステナビリティ課題の解決に向けて協働していくことを発表した。  今回の新たなパートナーシップは主に水資源不足が深刻化している国・地域における水問題の解決に焦点を当てており、またこれはハイネケンが掲げる水不足地域で運営している醸造所の水使用量を3.3 hl/hl(使用水量対生産量の比率) [...]

» 続きを読む

【オランダ】イケア、2014年度のサステナビリティレポートを公表

Facebook Twitter Google+

家具大手のIKEAグループが1月28日、2014年度のサステナビリティレポートを公表した。レポートからは同社の掲げるサステナビリティ戦略“People & Planet Positive strategy”が順調に進捗しており、非常に高い成果を生み出していることが分かる。また、サステナビリティパフォーマンスと共に発表された財務業績も好調で、売上高は昨年から5.9%増加し287億ユーロ(321億USドル)に到達した。 同社の2014年度 [...]

» 続きを読む

【オランダ】GRSB、持続可能な牛肉に関する「原則と基準」を公表

Facebook Twitter Google+

現在世界では国際的な業界団体が中心となり様々な業界で独自のサステナビリティ基準の策定が進められているが、11月は新たに牛肉の持続可能性に関する原則および基準が誕生した。 オランダに本部を置く、牛肉のバリューチェーンに関する国際イニシアチブのGRSB(The Global Roundtable for Sustainable Beef:持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル)は11月3日、持続可能な牛肉の定義およびその生産活動のための国 [...]

» 続きを読む

【オランダ】グローバル企業ら12社、新たに製品単位のソーシャルインパクト測定メソッドを開発

Facebook Twitter Google+

サプライチェーンや製品ライフサイクルがグローバルに拡大し、より複雑化している現在においては「透明性の向上」「ソーシャルインパクト測定」といったテーマがグローバル企業にとっての新たな優先課題となっている。そのため、自社のサプライチェーンや製品ライフサイクルに潜むリスクや改善の機会を見つけ出すための優れたツールの必要性も高まってきている。 そのような背景をもとに、オランダのサステナビリティコンサルティング会社PRé Sustainabil [...]

» 続きを読む

【オランダ】GRI、新たな代表をMichael Meehan氏に決定

Facebook Twitter Google+

Global Reporting Initiative(以下、GRI)は7月22日、GRIの新たな代表をMichael Meehan氏に決定したと発表した。Meehan氏はこれまでに数々のクリーンテックビジネスを立ち上げ、世界中の政府機関や多国籍企業のサステナビリティ報告の促進に大きく貢献してきた人物だ。 Meehan氏は、持続可能なサプライチェーンやカーボン・エネルギーに関するテクノロジー分野を中心に約20年間に渡りサステナビリティ [...]

» 続きを読む

【オランダ】「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」が牛肉流通の国際規格の草案発表

Facebook Twitter Google+

オランダに本部を置く国際的な業界団体「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」(GRSB)は、持続可能な牛肉食品に関する原則の草案を発表した。GRSBには世界の有数な牛肉食品関連企業・団体が多数参画。アメリカ、オーストラリアなどの牛肉生産者団体、米カーギルなど牛肉加工企業、マクドナルドやウォルマートなどの牛肉関連製品の小売企業、WWFなど国際機関が名を連ねる。今回発表された草案は、GRSBの参画企業が1年余りをかけて検討をし、外部専門 [...]

» 続きを読む

【オランダ】スキポール空港のサステナビリティにチェックイン!

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、オランダのアムステルダムにあるオランダ最大の国際ハブ空港、Schiphol Airport(スキポール空港)で有名なスキポールグループのサステナビリティへの取り組みだ。 スキポール空港は世界有数の国際ハブ空港として有名で、欧州で4番目となる旅客数を誇る。フランスやイタリア、スペインなど他国への同日乗り継ぎが可能なので、ヨーロッパ旅行が好きな方であれば一度は利用したことがあるという方も多いのではないだろうか? 各国の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Corktown Seedがステークホルダーの関心を測るITツールを開発

Facebook Twitter Google+

アメリカのマーケティング支援会社Corktown Seedは、企業がステークホルダーの関心を測るための調査ツール「Good Measure」をリリースした。Corktown Seedは従来「顧客の声」を取り入れたブランディングや製品開発のコンサルティングを得意としている会社。今回、彼らが持つ顧客理解のノウハウが、サステナビリティの分野に応用されている。 Good Measureは、ステークホルダーに対してアンケート調査を行い、その回答 [...]

» 続きを読む
2014/02/02 最新ニュース
ページ上部へ戻る