【ヨルダン】HikmaがCredit360のサステナビリティ測定ツール採用を決定

Facebook Twitter Google+

ヨルダンの医薬品メーカーHikma Pharmaceuticals社は、自社のサステナビリティ評価の測定ツールとして英国Credit360の情報管理ソフト「Credit360system」を採用することを決定した。 Credit360systemはすでに高く評価されており、現在、ハイネケンなど大手企業がすでに活用している。世界各国に生産拠点を持つHikma Pharmaceuticalsにとって、エネルギー使用量、労働慣行、二酸化炭素 [...]

» 続きを読む
2014/02/28 最新ニュース

【カナダ】カナダ輸出開発公社が初のグリーンボンド債権を発行

Facebook Twitter Google+

カナダ輸出開発公社(以下EDC)が3億米ドルを元金にグリーンボンド債権の発行を開始した。グリーンボンドとは、世界銀行が開発途上国で実施する事業の資金調達を目的に発行する社会貢献型債券。グリーンボンドは、地球温暖化にまつわる環境関連の諸問題への対処事業「グリーンプロジェクト」に活用される。グリーンプロジェクトの案件選択基準に深い関わりを持つノルウェーのオスロ国際気候環境研究所(CICERO)はEDCの今回の決定を支持することを発表。投資 [...]

» 続きを読む
2014/02/27 最新ニュース

【フランス】通信機器大手のAlcatel-Lucent、Sustainability Awardでの金賞受賞

Facebook Twitter Google+

フランスのAlcatel-Lucent社は、RobecoSAMによる2014年度通信機器業界のSustainability Awardでの金賞受賞を発表した。RobecoSAMによるSustainability Yearbookは、社会・経済・環境のそれぞれの分野を独自の指標で評価し、全世界2000社の中からスコアの高い企業15%を選出し、79の業界分類の中で業界最高点を獲得した企業に金賞を与えている。 Alcatel-Lucentは [...]

» 続きを読む
2014/02/24 最新ニュース

【アメリカ】世界で最高峰のサスティナビリティを実践するMotorola Solutions

Facebook Twitter Google+

通信機器世界大手のアメリカMotorola Solutionsは、世界で最もサスティナブルな企業を選ぶCorporate KnightsのGlobal 100に選出された。Corporate Knightsは投資リサーチ企業の世界大手で、世界4000社の中から毎年100社を選出している。Motorola Solutionsは、今回は50位を獲得。アメリカ企業は全部で18社しかランクインしていない。Global100は、12の定量指標に [...]

» 続きを読む
2014/02/21 最新ニュース

【レポーティング】日本企業はCSRレポートをどう書いているのか? ー内容・ガイドライン・スケジュールー

Facebook Twitter Google+

今このページをご覧の方の中には、初めてCSRレポートを書くという方も、CSRレポート改善したいという方もいると思います。CSRレポートをよりよく書くにあたり、最も効率的で効果的な方法は、すでに高い評価を得ている他社のレポートをベンチマークすることです。それによって、内容、構成、参照ガイドライン、発行方法など、自社のCSRレポートを発行するにあたり、必要なゴールや要素が見えてきます。一般的にCSRレポート(サステナビリティレポート)は海 [...]

» 続きを読む
2014/02/10 体系的に学ぶ

【レポーティング】GRI G4ガイドラインのポイントと変更点

Facebook Twitter Google+

2000年の報告ガイドライン初版発行以来、世界のサステナビリティレポートをリードしてきたGlobal Reporting Initiative(GRI)。GRIは、サステナビリティレポートのガイドラインづくりを目的とする国連環境計画(UNEP)の公認協力機関として、オランダに本部を置くNGOです。GRIガイドラインは各国の代表者が集まって議論をして固められ、世界で最も普及しているものと言えます。日本では従来、環境報告書やCSR報告書を [...]

» 続きを読む
2014/02/03 体系的に学ぶ

【戦略】サステナビリティ(CSR)部門責任者の責任と役割

Facebook Twitter Google+

日本のCSR部門の位置づけと役割 日本企業において、CSR部門は部格として存在しているところは少なく、一般的に部門の中の1グループとして設置されています。また、企業ごとにどの部門に属しているかは様々ですが、一定の傾向があります。 社長直下のCSR推進室または環境推進室として設置(臨時委員会的な位置づけ) 監査または内部統制担当部門の1チームとして設置(コンプライアンス重視) IRまたは広報担当部門の1チームとして設置(レポート作成重視 [...]

» 続きを読む
2014/02/02 体系的に学ぶ

【戦略】サステナビリティ(CSR)とは何か? ー定義とその意味ー

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ(CSR)とは  サステナビリティ(Sustainability)とは、広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のことを言います。その中でも特に、企業が事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を考慮し、長期的な企業戦略を立てていく取組は、コーポレート・サステナビリティ(Corporate Sustainability)と呼ばれています。 日本のCSR  サステナビリティという単 [...]

» 続きを読む
2014/02/02 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る