private 【日本】サンスター、2030年環境目標発表。再エネ100%、バイオプラ・再生プラ比率を50%等

Facebook Twitter Google+

 サンスターは3月26日、2030年の新たな環境中長期目標を発表した。二酸化炭素排出量やプラスチック容器・包装に関し、具体的な定量目標を設定した。また日本国内では、コアタイムなしのフルフレックス勤務制度を正式施行することも伝えた。  今回設定した2030年環境目標は、 容器・包装プラスチックでの植物由来のバイオプラスチックもしくは再生プラスチックの使用比率を50% 使い終わった容器・包装材におけるリサイクルまたは再利用可能な材料比率を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る