【アメリカ】ニューヨーク市の廃棄物削減プロジェクト、ゴミ廃棄量56%削減に成功

Facebook Twitter Google+

 米国ニューヨーク州ニューヨーク市は7月11日、デブラシオ市長が進めた「ゼロ・ウェイスト・チャレンジ」の終了と成果を発表した。ゴミ処分量を劇的に減らすため、小売大手ホールフーズを含めた31社が一丸となり、約2万5千トンの有機廃棄物堆肥化(コンポスト化)と、322トンの食品の寄付に取組んだ。総力を挙げた結果、焼却または埋立によって処分されるゴミの量を約3万7千トンの削減に成功。今回の「ゼロ・ウェイスト・チャレンジ」は、デブラシオ市長の政 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る