【アメリカ】連邦通信委員会、ISP事業者への「ネット中立性規則」の廃止を承認

Facebook Twitter Google+

 米連邦通信委員会(FCC)は12月14日、AT&Tやベライゾンなどインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)を、1934年制定の電気通信法(Telecommunications Act)で「タイトルⅠ」と呼ばれる比較的規制の緩い電気通信サービスに分類することを決めた。票決は賛成3、反対2。これにより、ISP事業者はネット中立性規則から解放されることとなった。  ISP事業者は2015年2月のルール改定まで、同法に基づく「タイト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る