private 【アメリカ】電力大手PG&E、カリフォルニア山火事の賠償請求で1.5兆円の和解成立。会社更生完了目指す

Facebook Twitter Google+

 米電力大手PG&E(パシフィック・ガス&エレクトリック・カンパニー)は12月9日、賠償請求者の公式委員会(TCC)および個人賠償請求者を代表した企業と135億米ドル(約1.5兆円)支払うことで和解が成立したと発表した。同社は2015年、2017年、2018年にカリフォルニア州で発生した山火事で巨額の賠償負債を抱えていたが、今回の和解により、賠償請求が全て決着した。 【参考】【アメリカ】カリフォルニア州、大規模山火事が同時発生。焼失規 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る