【日本】リコー、ペーパーレス化の環境要因市場変化読めず、1700億円の赤字転落へ

Facebook Twitter Google+

 リコーは3月23日、東京証券取引所に対し、「通期連結業績予想の修正および減損損失の計上に関するお知らせ」の適時開示を実施。連結税引前利益が前回発表の140億円の黒字から、1,700億円の赤字に転落する見込みだと発表した。北米でオフィスでのペーパーレス化が想定以上に進み、買収した北米企業の収益が想定通りに進まなかったため。  同社の山下良則社長は、東京で記者会見を実施。北米企業を買収した背景について、(コピー・プリンター)の台数が多け [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る