private 【国際】ランスタッド・ワークモニター労働意識調査、日本は2020年の景気見通しや労働満足度で最下位

Facebook Twitter Google+

 人材サービス世界大手蘭ランスタッドは12月23日、18歳から65歳までの週24時間以上勤務労働者を対象にした34ヵ国・地域での「労働意識調査」の2019年第4四半期結果を発表した。同レポートは、テーマを変えて年4回実施されている。日本の労働者は未来や現状に非常に悲観的な認識を持っていることがわかった。  2020年に国内経済が良くなっていると期待する人は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る