private 【シンガポール】政府、42000人居住のフォレスト・タウンを建設。車道は地下に埋設

Facebook Twitter Google+

 シンガポール政府は、国軍演習所の跡地に巨大な「フォレスト・タウン」の建設を進めている。自動車道路は地下に埋設し、地上空間は歩行者やサイクリング専用とし、100m幅の中央緑道を設け、自然環境と人間生活がシンクロする都市設計を構想。シンガポールは5月に年次総会をシンガポールで開催。フォレスト・タウン計画は打ち出しの目玉の一つなっている。  フォレスト・タウンは、シンガポールの西部に位置するテンガ地区で、面積700ha。人口42,000人 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、不動産のライフサイクル脱炭素フレームワークの展開で米業界団体と提携

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)と、米グリーンビルディング推進NGOニュー・ビルディング・インスティテュート(NBI)は4月2日、不動産の二酸化炭素排出量削減とレジリエンス強化で提携の覚書を締結した。特に、新築及び既存物件のライフサイクル全体の脱炭素化で有効なソリューションを検討する。  両者は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】国土交通省、不動産分野TCFD対応ガイダンス策定。海外の開示事例も紹介

Facebook Twitter Google+

 国土交通省は3月30日、「不動産分野TCFD対応ガイダンス」を策定した。日本政府では、経済産業省が「TCFDガイダンス」を策定し、気候関連財務開示タスクフォース(TCFD)に関するコンソーシアムを運営したりしているが、他の省庁でも各所管の産業分野のガイダンスを作成しており、今回もその一つ。国土交通省の不動産分野におけるESG-TCFD実務者WGがまとめた。  今回発表のガイダンスは、本編の他に、参考資料として「海外企業のTCFD開示 [...]

» 続きを読む

private 【中国】新世界発展、Business Ambition for 1.5°Cに署名。グローバル基準を意識した経営を鮮明に

Facebook Twitter Google+

 中国不動産大手・新世界発展(NWD)は3月1日、世界の気温上昇を1.5℃に留めることを目指し、2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロへとするための科学的根拠に基づく削減目標(SBT)を設定するイニシアチブ「Business Ambition for 1.5°C」に署名したと発表した。ついに中国不動産大手からも署名企業が出現した。 【参考】【国際】気候変動1.5℃コミットへの署名企業が177社に大幅増。日本企業は未だわずか3社のみ [...]

» 続きを読む

private 【EU】企業団体CLG Europe、EU競争力理事会にグリーンリカバリー要請。GDP成長・雇用創出でも最適

Facebook Twitter Google+

 英ケンブリッジ大学のサステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)率いるCorporate Leaders Group(CLG)の欧州支部「CLG Europe」は2月18日、EU理事会の内部機関であるEU競争力理事会の委員(加盟国閣僚級)に対し、新型コロナウイルス・パンデミックからの経済復興に気候変動対策を織り込むグリーンリカバリー政策を通じて、EUの競争力を強化すべきと提言した。  同提言書は、EU競争力理事会が2月25日に [...]

» 続きを読む

private 【日本】機関投資家3700兆円、経産相に大胆なエネルギー転換要求。2035年ハイブリッド車新車販売禁止等

Facebook Twitter Google+

 機関投資家の気候変動対策推進イニシアチブInvestor Agendaは3月8日、梶山弘志・経済産業相に対し、現在検討中のエネルギー基本計画に関して政策提言書を送付。建設前段階のすべての石炭火力発電所新設プロジェクトの中止や、2035年までのハイブリッド車販売終了等を提言した。  Investor Agendaは、国連責任投資原則(PRI)、CDPと、Global Investor Coalition on Climate Chan [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】政府、包括的な2030年シンガポール・グリーン・プラン発表。EV、エネルギー転換等

Facebook Twitter Google+

 シンガポール政府は2月10日、同国の2030年環境目標「シンガポール・グリーン・プラン2030」を公表した。また2月16日に発表した2021年度政府予算案の中にも同目標達成に関する予算を柱の一つとして掲げた。  シンガポール・グリーン・プラン2030は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GLIO、GRESB、GPRの3者、世界初の上場インフラESGインデックス・リリース

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)、上場インフラアセットの業界団体Global Listed Infrastructure Organisation(GLIO)、オランダ不動産シンクタンクGlobal Property Research(GPR)の3者は1月27日、ESGインフラ・インデックス「GLIO/GRESB Infrastructure ESG Index」シリ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】GFI、不動産の熱エネルギーのカーボンニュートラルに向けた投資促進で提言レポート発表

Facebook Twitter Google+

 英政府の設立のグリーンファイナンス研究所(GFI)は12月8日、不動産での熱エネルギーでの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)ための提言レポートを発表した。GFIが2019年に発足し、英環境シンクタンクE3Gが支援するイニシアチブ「建築物省エネ連合(CEEB)」が作成した。  英政府は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国連運営Global ABC、建物業界の脱炭素化で2020年進捗報告。ネットゼロ実現遠のく

Facebook Twitter Google+

 建設業界での脱炭素化推進の国際イニシアチブGlobal ABC(建物および建築のグローバル・アライアンス)は12月16日、脱炭素化に向けた年次進捗報告書の2020年度版を発表した。Global ABCは、第21回国連気候変動枠組条約パリ会議(COP21)で発足したマルチステークホルダー型のイニシアチブ。国連環境計画(UNEP)が務めている。  Global ABCに加盟している国は、日本(国土交通省)、米国、カナダ、メキシコ、ブラジ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る