private 【国際】国連運営Global ABC、建物業界の脱炭素化で2020年進捗報告。ネットゼロ実現遠のく

Facebook Twitter Google+

 建設業界での脱炭素化推進の国際イニシアチブGlobal ABC(建物および建築のグローバル・アライアンス)は12月16日、脱炭素化に向けた年次進捗報告書の2020年度版を発表した。Global ABCは、第21回国連気候変動枠組条約パリ会議(COP21)で発足したマルチステークホルダー型のイニシアチブ。国連環境計画(UNEP)が務めている。  Global ABCに加盟している国は、日本(国土交通省)、米国、カナダ、メキシコ、ブラジ [...]

» 続きを読む

private 【日本】東急不動産と鹿島、竹芝エリア開発でサステナビリティローン900億円を調達

Facebook Twitter Google+

 東急不動産と鹿島建設は12月23日、東京都港区の「東京ポートシティ竹芝」の開発推進で設立した特別目的会社(SPC)アルベログランデが、三菱UFJ銀行とみずほ銀行の両行から、総額900億円のシンジケーション型のサステナビリティローンをノンリコースで受けることで契約したと発表した。  サステナビリティローンは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本・中国】両政府、第14回省エネ・環境総合フォーラムを開催。14件の協力案件を締結

Facebook Twitter Google+

 日本政府と中国政府は12月20日、第14回日中省エネルギー・環境総合フォーラムをオンラインで開催。日本側から梶山弘志経済産業相、宗岡正二日中経済協会会長他、中国側から何立峰・国家発展改革委員会主任、李成鋼商務部部長助理等、総勢450人を超える官民関係者が参加した。  同フォーラムは、2006年から続き今回で14回目。今回は、「エネルギー効率の向上(省エネ)」「自動車の電動化・スマート化」「水素・クリーン電力分科会」「日中長期貿易(水 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、CO2ゼロと安価な電力料金の両立でエネルギー政策骨子発表。化石燃料対外支援禁止、軍用機でのSAF使用も

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は12月14日、2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現しつつ、電気料金を低くしていくための新たな施策を「エネルギー白書」の中で示した。雇用も22万人創出する。  今回の戦略は、ボリス・ジョンソン首相が11月に発表した「グリーン産業革命のための10重点施策(Ten-Point Plan)」に基づくもの。産業振興と雇用創出、生活費削減をしつつ、鉱工業、輸送・交通、不動産 [...]

» 続きを読む

private 【カナダ】政府、気候変動政策を強化。連邦炭素税を2030年に14000円に引上げ。補助金も拡充

Facebook Twitter Google+

 カナダのジャスティン・トルドー首相は12月11日、2030年までに二酸化炭素排出量を劇的に削減するための新たな戦略を発表。今後10年間での気候変動緩和分野に政府歳出を150億カナダドル(約1.2兆円)投ずるとともに、現在連邦炭素税を2030年には二酸化炭素排出量1t当たり170カナダドル(約14,000円)にまで大幅に引き上げる。  カナダ政府は、2050年に二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現すると宣言している [...]

» 続きを読む

private 【国際】製鉄でのカーボンニュートラル目指す国際イニシアチブ「SteelZero」発足。8社加盟

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのThe Climate Group(TCG)は12月3日、2050年までに製鉄での二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にコミットする国際イニシアチブ「SteelZero」を発足した。製鉄業界に対し、ユーザー企業の声を結集し、カーボンニュートラルを迫っていく狙いがある。  発足時の加盟企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRESB不動産、2020年結果発表。ESGスコア取得が22%増。対象不動産は約96000

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は11月24日、2020年の「GRESB不動産」評価結果を公表した。2020年は、不動産企業、不動産投資信託(REIT)、不動産投資ファンド、不動産開発会社から合計1,229社・ファンドが申請し、評価を受けた。前年比では22%増。運用資産総額は4.8兆米ドル(約500兆円)。対象不動産は64ヶ国で合計約96,000。 【参考】【国際】G [...]

» 続きを読む

private 【国際】GRESB、GBCIから資本独立し機構改革。GRESB財団とBコープ取得GRESB B.V.に分離

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は11月16日、同社親会社Green Business Certification(GBCI)から資本独立を果たしたと発表した。新たにGRESB財団を創設するとともに、GRESBの活動を運営してきたオランダ籍GRESB B.V.が営利企業としてGRESBの評価サービスを担う。  GRESBは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRESBインフラストラクチャー、2020年結果発表。申請数も評価も大きく躍進

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は11月12日、2020年の「GRESBインフラストラクチャー」の評価結果を公表した。ポートフォリオ単位評価では75件、物件単位評価では426アセットと1,354施設が申請し、評価を受けた。  GRESBインフラストラクチャー評価は現在、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】首相、2030年ガソリン・ディーゼル新車販売禁止方針表明。脱炭素に向け10重点施策も発表

Facebook Twitter Google+

 英ボリス・ジョンソン首相は11月18日、2030年までにガソリン・ディーゼル車の新車販売を禁止する政策を発表した。今後詳細を詰め、立法手続きをとる。英政府は2017年、ガソリン・ディーゼル車の新車販売を2040年までに禁止する方針を固め、2020年2月には同首相が禁止時期を2035年に早める考えを打ち出し、パブリックコメントを募集。その結果、さらに早く2030年に禁止する声が産業界からも出たため、今回10年もタイミングも前倒しするこ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る