private 【EU】欧州委、有害物質、メタン、不動産で新戦略発表。エネルギー脱炭素化でも加盟国を評価

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は10月14日、欧州グリーンディール戦略の一環として、有害化学物質削減、メタンガス排出削減、不動産リノベーションの新たな戦略を採択した。エネルギー政策のレビュー結果も発表した。 【参考】【戦略】EU欧州委が定めた「欧州グリーンディール政策」の内容。〜9つの政策骨子を詳細解説〜(2019年12月12日)  今回欧州委員会が採択したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】LMA、不動産セクターでのグリーンローン原則ガイダンス発行。論点を整理

Facebook Twitter Google+

 英Loan Market Association(LMA)は10月20日、不動産セクターでのグリーンローン原則(GLP)適用に関する2つのガイダンスを発行した。LMAは、不動産での二酸化炭素排出量削減は重要な分野と位置づけ、今回適切にGLPを不動産ファイナンスに適用するための注意点をまとめた。 【参考】【国際】LMA等、グリーンローン原則とサステナビリティ・リンクローン原則のガイダンス発行(2020年5月8日)  今回発行された2つ [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カリフォルニア州知事、山火事防災策強化。高リスク地域の建物に延焼抑止区域を設定

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム州知事は9月29日、山火事の危険性が高い地域の建物に対し、防災区域設定の要件を強化する一連の州法案に署名。同州法が成立した。山火事リスクが高い地域を指定した上で、建物敷地の内側5フィート(約1.5m)以内を「延焼抑止区域」とし、残り火による延焼を避けるため、防災区域内には家財等を何も置かないことを義務付けた。  同州では近年、気候変動を原因とする大規模な山火事が頻発する状況となっており、火災対 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WELL認証のIWBI、WELL v2を正式リリース。評価観点が10分野に拡大

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディングWELL認証管理団体米IWBIは9月15日、WELL認証の第2版「WELL v2」を正式にリリースした。WELL認証 v2は、2018年5月に一度リリースされ、実証テスト段階に入っていたが、そこでの確認作業を終え、今回正式リリースとなった。 【参考】【国際】IWBI、WELL認証第2版「WELL v2」リリース。認証の柔軟性や取得利便性を向上(2018年6月10日)  IWBIが運営するWELL認証は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】グリーンファイナンス研究所、不動産熱エネルギーの脱炭素化でタスクフォース設立

Facebook Twitter Google+

 英グリーンファイナンス研究所は6月30日、不動産での熱エネルギーでカーボンニュートラルを実現することを検討するための新たなタスクフォース「ゼロ・カーボン・ヒーティング・タスクフォース」を設立したと発表した。グリーンファイナンス研究所は、2018年にシティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)と英国政府によって設立された機関。  英国では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、グリーンリカバリーを続々導入。レジ袋課徴金2倍、住宅省エネ化助成、年金へのTCFD義務化

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は8月31日、2021年4月から小売店舗での使い捨てビニール袋販売の課徴金を現在の5ペンス(約7円)から10ペンス(約14円)に2倍に引き上げるとともに、小規模店舗含めた全小売店舗に制度を適用すると発表した。課徴金制度導入以降、レジ袋の提供数はすでに大幅に減少しているが、金額をさらに上げることでさらなる削減を目指す。  英国では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRESB、2020年の評価参加企業が大幅増加。新型コロナでも不動産のESG関心衰えず

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は8月24日、2020年度の「GRESB不動産」への評価取得参加企業が、世界全体で1,229社となり、前年から約20%増加したと発表した。新型コロナウイルス・パンデミックにもかかわらず、業界全体でESGに対するのコミットメントが高まっている証と話した。 【参考】【国際】GRESB、「GRESB不動産」「GRESBインフラストラクチャー」 [...]

» 続きを読む

【日本】ヒューリック、サステナビリティ・リンク・ボンドを日本初発行。環境省のモデル創出事業に認定

Facebook Twitter Google+

 ヒューリックは8月25日、日本初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行すると発表した。事務主幹事はみずほ証券。発行時期は10月。発行金額は未定。  サステナビリティ・リンク・ボンドは、サステナビリティに関する重要KPIで目標(サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット:SPT)を事前に設定し、達成状況に応じて発行条件が優遇される制度。優遇される条件は債券利率で設定することが多く、達成すると利率が下がる。サステナビリティ・リンク・ [...]

» 続きを読む

private 【国際】IWBIのWELL健康・安全格付、取得第1号はインド不動産大手RMZ。新型コロナ対策

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディングWELL認証管理団体米IWBIは8月17日、インドの不動産投資運用大手RMZが、「WELL健康・安全格付(Health-Safety Rating)」サービスの活用第1号企業になったと発表した。インドの不動産41物件でファシリティ・オペレーション&マネジメントのWELL健康・安全格付を取得した。 【参考】【国際】IWBI、不動産・施設の健康・安全格付サービス開始。オフィス、工場、店舗、ホテル、球場等(2020年6月1 [...]

» 続きを読む

private 【国際】GRESBとIWBI、GRESB不動産とWELL認証の整合性分析を実施。相互取得推奨

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)と健康ビルディングWELL認証管理団体米IWBIは7月30日、GRESB不動産評価認証とIWBIの各認証の整合性を整理したドキュメントを共同発表した。世界的に存在感の大きい2大不動産評価機関が、両者のアセスメントの手法の共通性や違いを可視化した。  今回、整合性分析の対象となったのは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る