【国際】デンマーク人権研究所、各国NAP策定状況レポート発表。企業への実効性に依然課題

Facebook Twitter Google+

 デンマーク政府の人権研究機関であるデンマーク人権研究所(DIHR)は11月26日、各国のビジネスと人権に関する国別行動計画(NAP)の策定状況をまとめたレポートを発表した。NAP策定は、2011年に制定された国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)で定められた、人権保護活動の柱の一つ。  各国政府のNAP策定は、国連人権理事会、G20、各国の人権関連機関、企業団体等から強く策定が要請されている。しかし、すでにNAPを策定した国 [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】ING、2018年人権レポート発表。従業員、サプライヤー、投融資先リスク対応を詳述

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手蘭INGグループは11月16日、同社の人権リスクへの対応をまとめた「Human Rights Report 2018」を発表した。国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)に則り、同社の従業員及び投融資が与える人権影響の双方について、リスク対策状況をまとめた。  オランダでは2016年、銀行の業界団体であるオランダ銀行協会(NVB)の主導の下、銀行、労働組合、人権NGOが結集し、「オランダ銀行業界人権合意(Dutch [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP1、アラベスクS-Ray活用し企業人権評価実施。UNGPスコア開発でも協働

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP1は10月2日、ESGクオンツ運用会社英アラベスク・アセット・マネジメントと協働し、企業の人権遵守度をスコアリングするシステムを開発すると発表した。同社が開発した人工知能(AI)型ESG評価ツール「S-Ray」を活用する。また、両社は、国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)に基づく「UNGPスコア」をS-Ray上で発表していくことでも協働する。 【参考】【インタビュー】アラベスク・アセット・マネジ [...]

» 続きを読む

private 【国際】オランダ運用大手8社、投資先企業にサプライヤーでの生活賃金確保要請イニシアチブPLWF発足

Facebook Twitter Google+

 オランダ投資運用大手トリオドス・インベストメント・マネジメント、Robeco、MN、NNインベストメント・パートナーズ、Kempen Capital Management、Achmea Investment Mangament、ASN Bank、a.s.r.の8社は9月27日、投資先企業に対しサプライチェーン全体で生活賃金(living wage)未満の賃金支払をやめさせるイニシアチブ「Platform Living Wage Fi [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】SAP、AI開発で指導原則策定。社内と社外の各委員会も設置しガバナンスも強化

Facebook Twitter Google+

IT世界大手独SAPは9月18日、自社の人工知能(AI)開発を規律するための指導原則を策定。同時に、ガバナンス改革として、社内専門委員会の「倫理ステアリングコミッティ」と、外部専門家で構成する「外部AI倫理アドバイザリーパネル」の2つを設置した。AI事業のために外部アドバイザリーグループを設置するのは欧州では初。グーグルやマイクロソフトが、AI開発に対する規律を策定する中、SAPも大規模に体制を整備した形。  AIに関しては、人間社会 [...]

» 続きを読む

【ミャンマー】スウェーデンNGO、小松製作所等をミャンマーでの紛争鉱物開発支援で非難

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン人権・環境NGOのSwedWatchは6月20日、ミャンマー・カチン州で発生している国軍とカチン独立軍との内戦に、ヒスイ鉱山採掘が両者にとっての資金源になっているとするレポートを発表。採掘に建機を提供している建機大手キャタピラー、小松製作所、ボルボ建設機械の3社を強く非難した。  同レポートに寄ると、カチン州での採掘には2000年頃から重機が使用されるようになり、最近は非常に早いスピードでヒスイが採掘されている。採掘から [...]

» 続きを読む

【国際】デンマーク人権研究所、各国のビジネスと人権に関する国別行動計画(NAP)を整理

Facebook Twitter Google+

 デンマーク政府の人権研究機関であるデンマーク人権研究所(DIHR)は11月29日、各国のビジネスと人権に関する国別行動計画(NAP)をまとめたウェブサイト「Global NAPs」を新設した。また、企業の説明責任に関する国際円卓会議(ICAR)と協働で、2017年版のNAPsツールキットも公表した。  NAPは、政府が国連ビジネスと人権に関する指導原則を推進するための枠組みで。DIHRのウェブサイトでは、(1)すでにNAPを策定した [...]

» 続きを読む

【5/27 東京・CSRセミナー】第5回東洋経済CSRセミナー「グローバル時代に求められるサプライチェーンマネジメント」を開催!

Facebook Twitter Google+

 東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を昨年4月から開催しています。5回目となる今回は、グローバルに活動を広げる企業が増えるなかで必要になってくるサプライチェーンマネジメントをテーマとして取り上げます。    新興国への事業展開が進むなかで、これまで先進国ではあまり問題にならなかった人権問題が企業の事業上のリスクとして大きくクローズアップされています。自社操業だけでなく、サプライヤーの労 [...]

» 続きを読む
2015/05/01 行動する

【イギリス】「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に対応した世界初の人権報告フレームワークが誕生

Facebook Twitter Google+

 国連ビジネスと人権に関する指導原則(以下、UNGPs)に沿った人権の取り組み状況に関する世界で初めての包括的な報告フレームワーク、"The UN Guiding Principles Reporting Framework"が開発され、2月24日にロンドンで公表された。  同フレームワークを開発したのはUNGPsの研究機関であるShiftおよび、グローバルアカウンティングファームのMazars(マザー)で、18カ月に渡り研究、協議を [...]

» 続きを読む

【3/16 東京・CSRセミナー】LRQAジャパン「ビジネスと人権最新動向セミナー」

Facebook Twitter Google+

LRQAジャパンが「ビジネスと人権最新動向セミナー」を開催! 国連「保護、尊重、救済」枠組み(通称:ラギーフレームワーク)や、国連ビジネスと人権に関する指導原則の発行を契機に、近年「ビジネスと人権」が大きな関心を集めています。サプライチェーンを含めた人権リスクへの対応は、今やグローバルなビジネスを展開する企業にとってCSRの最重要課題のひとつとなっています。また、近年、日本国内においても、NGOのアドボカシー活動も徐々に活発化しており [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る