【パプアニューギニア】 国連高等人権弁務官、政府に人権保護への具体的なアクション勧告

Facebook Twitter Google+

 ザイド・ラード・アル・フセイン国連高等人権弁務官は2月9日、パプアニューギニア首相らに対し、汚職の根絶や法治体制の強化、人権保護への行動を勧告した。フセイン氏は、現地を訪問。同国のピーター・オニール首相、司法長官、国会議長、NGOの代表者らと会談していた。  フセイン氏は、同国では資源採掘企業が、国連先住民族の権利宣言で保障されている「自由でかつ情報に基づく事前の合意(FPIC)」等の人権を尊重していないにもかかわらず、政府から事業 [...]

» 続きを読む

【国際】国連人権高等弁務官事務所、企業向けLGBT行動基準を発行。対策求める

Facebook Twitter Google+

 国連人権高等弁務官事務所(OCHCR)は9月26日、性的マイノリティLGBTIに対する差別撤廃に取り組む企業を支援するための行動基準(Standards of Conduct)を発行した。行動基準は、「人権尊重」「職場での差別撤廃」「職場での支援」「ビジネス上の人権侵害防止」「地域社会での行動」の5つに分かれており、それぞれ文書にまとめられた。行動基準の作成では、人権ビジネス研究所(Institute for Human Right [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る