【スウェーデン】ストックホルム・フィンテック・ハブ、フィンテックでSDGs達成を支援

Facebook Twitter Google+

 フィンテック企業専用のコワーキングスペースを提供するストックホルム・フィンテック・ハブは4月6日、国連環境計画(UNEP)が掲げるフィンテックを通じた国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を支援していくと発表した。UNEPは、2014年1月に結成された「UNEP Inquiry into the Design of a Sustainable Financial System(持続可能な金融システムのデザインに向けたUNEP調査」 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEPと中国アリババ金融子会社、グリーン・フィンテック分野のイニシアチブを共同発足

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)と中国IT大手アリババの金融サービス子会社Ant Financial Services Groupは1月19日、世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)の場で、「グリーン・デジタル金融アライアンス(Green Digital Finance Alliance)」を発足したと発表した。同アライアンスは、地球環境問題に取り組むための資金調達にデジタル技術を活用していく新たな「環境フィンテック」のイニシアチブ [...]

» 続きを読む

【スイス】UBS、個人富裕層顧客へのSDGs向け投資商品販売を強化。50億ドル以上を目標

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手スイスのUBSは1月16日、世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)に合わせ、同社の白書「Mobilizing private wealth for public good」を発表。富裕個人層の資産運用である「ウェルス・マネジメント」の分野で、国連持続可能な開発目標(SDGs)に資する金融商品の販売を強化していくことを宣言した。UBSは、富裕個人層専門の資産運用サービスであるプライベートバンク業界での世界大手銀行。 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI・UNGCのSDGs情報開示合同プロジェクト、2年間活動の参加企業を募集中

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIと国連グローバル・コンパクト(UNGC)は1月11日、両者の合同プロジェクトに参加する先進的企業の公募を開始する予定だと発表した。このプロジェクトに参加する具体的な方法は、近々GRIが発表するとしている。  今回開始するプロジェクトは、昨年9月にUNGCが発表したGRIとのパートナーシップの一環で、マルチステークホルダー・グループを設立し、UNGC10原則や国連持続可能な開発目標( [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバルコンパクト、SDGsの達成に向け新たな取組を発表。先進企業の事例紹介などを強化

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月19日、GRI、国連責任投資原則(PRI)、デンマーク・コペンハーゲンに本部を置くシンクタンクMonday Morning社と同社が設立したシンクタンクSustaina、コンサルティング企業Volans社とともに、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けたイニシアチブやビジネスパートナーシップの創出をサポートする新たな4つの取組を発表した。  まず、Monday Morning社とS [...]

» 続きを読む

国連持続可能な開発目標(SDGs)

Facebook Twitter Google+

 SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、国連で国際合意に達した2016年から2030年までの世界の長期目標です。17の目標、169のターゲットが掲げられています。類似のものに、MDGs(Millennium Development Goals、ミレニアム開発目標)がありますが、こちらは2000年のミレニアムに、2000年から2015年まで15年間の長期目標として立てられました。 [...]

» 続きを読む
2015/10/07 辞書
ページ上部へ戻る