【国際】国際バイアスロン連合、サステナビリティ方針策定。2034年までにカーボンネガティブ

Facebook Twitter Google+

 バイアスロンの国際競技連盟「国際バイアスロン連合(IBU)」は10月10日、バイアスロンを通じてスポーツ界のサステナビリティをリードしていくため、サステナビリティ方針を策定。2030年までのロードマップとコミットメントを示した。  バイアスロンは、クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた冬の競技。今回発表の方針では、「気候変動」「スポーツ」「会場・大会」「人」「認知とコミュニケーション」の5つの分野で、重点行動を設定した。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る