【国際】ISO、リスクマネジメント規格31000を改定。不確実な状況下でのリスクマネジメントに焦点

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は2月15日、リスクマネジメント規格を改定し、「ISO31000:2018」を発表した。主な変更点は「リスク」の定義を改め、「目的に対する不確実性の影響」とし、不確実な状況下での意思決定のあり方や経営陣の責務に重点を置いた点。ISO31000は、認証規格ではなく、第三者認証を伴わないガイダンス規格。  リスクマネジメントの重要性がますます認識される中、ISOは規格改定を実施した。新版ISO31000では、不確 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、グリーンボンドの国際規格ISO14030の制定作業を開始

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は7月31日、グリーンボンドに関する国際規格ISO14030の制定作業を開始した。ISOの加盟メンバーである米国国家規格協会(ANSI)が今年5月30日にグリーンボンド国際規格の提案申請をISO事務局に提出し、7月26日まで投票が行われた結果、7月31日に正式に承認された。  ISO14030規格では、グリーンボンドの環境評価プロセスや必要要件、モニタリング、情報開示等に関する内容を決める。ANSIの申請書類 [...]

» 続きを読む

ISO26000

Facebook Twitter Google+

ISO26000とは、ISO(国際標準化機構)が2010年11月に発行した官民両セクターにおける社会的責任に関する国際規定のことで、99ヶ国が参加して作成されました。国や地域、組織規模に関係なくあらゆる組織で自主的に活用されるよう作られた手引きであり、従来のISO規定にある要求事項がなく、認証規定としては用いられていません。 取り扱うテーマは組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティへの参加及びコミュニテ [...]

» 続きを読む
2015/08/18 辞書
ページ上部へ戻る