GRIという名前に込められた意味とは? GRIの知られざる誕生エピソード

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、今やサステナビリティ報告の世界標準となるガイドラインの発行機関として有名なGRI(Global Reporting Initiative)の生みの親、Bob Massie氏のインタビュー。 GRIは、UNEP(United Nations Environment Programme)の協力のもと、アメリカに本拠を置く2つのNPO、Ceres(Coalition for Environmentally Respons [...]

» 続きを読む
2014/03/26 最新ニュース

【デンマーク】複数ガイドライン準拠を成し遂げたNovo Nordiskの統合報告書

Facebook Twitter Google+

デンマークに本社のある製薬世界大手のNovo Nordiskは、2013年度年次報告書を発表した。同社は2004年より財務、社会、環境をすべてカバーする統合報告書を作成。今回の統合報告書では、自社の活動だけでなく、業界全体をとりまくイシューやステークホルダーの関心事にもページを割き、世界で高まっている糖尿病への関心、医療機関に対する信頼性の問題、肥満を病気としてみるか否かの社会的問題などに対する同社の考えや取組も紹介している。 統合報 [...]

» 続きを読む
2014/03/13 最新ニュース

【ドイツ】世界を代表するスキンケアブランド「NIVEA(ニベア)」を支えるサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、ドイツのハンブルグに本拠を置くグローバルスキンケアメーカー、Beiersdorf(バイヤスドルフ)社のCorporate Communications & Sustainabilityを統括するVice President、Inken Hollmann-Peters氏のインタビュー。 Beiersdorf(バイヤスドルフ)という名前は聞いたことがのないという方でも、同社を代表するブランド「NIVEA(ニベア)」や、 [...]

» 続きを読む
2014/03/12 最新ニュース

【アメリカ】アメリカでの企業のCSRは大きく活発化。ボストンカレッジ調べ。

Facebook Twitter Google+

アメリカ、ボストンカレッジのコーポレートシチズンシップセンターは、最新の企業CSR実践に関する調査を発表。調査対象はアメリカ企業231社。前回2010年時と比べ、CSR活動が活発化しているという結果をまとめた。前回2010年と比べ、CSRを推進する企業幹部が74%増加(CSR部門や広報部門に在籍)CSR予算を持つ企業の割合は、前回2010年の81%から100%に上昇約3分の2の企業が公式なCSR戦略を保有多くの業界でCSR予算は社員教 [...]

» 続きを読む
2014/03/10 最新ニュース

【オランダ】スキポール空港のサステナビリティにチェックイン!

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、オランダのアムステルダムにあるオランダ最大の国際ハブ空港、Schiphol Airport(スキポール空港)で有名なスキポールグループのサステナビリティへの取り組みだ。 スキポール空港は世界有数の国際ハブ空港として有名で、欧州で4番目となる旅客数を誇る。フランスやイタリア、スペインなど他国への同日乗り継ぎが可能なので、ヨーロッパ旅行が好きな方であれば一度は利用したことがあるという方も多いのではないだろうか? 各国の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】CAL Insuranceが認証Bコーポレーションの獲得を発表

Facebook Twitter Google+

アメリカの総合保険代理店CAL Insurance & Associates, Inc.は、認証Bコーポレーションを獲得したことを発表した。認証Bコーポレーションとは、アメリカの大手NPO B Labが社会的に意義の高い企業に対して付与している認証。認証Bコーポレーションを獲得するには、B Labが設定している組織基準をクリアしていなければならず、容易ではないが、現在、28ヶ国、60分野に及ぶ900以上の企業がすでに認証Bコー [...]

» 続きを読む
2014/03/01 最新ニュース

【ヨルダン】HikmaがCredit360のサステナビリティ測定ツール採用を決定

Facebook Twitter Google+

ヨルダンの医薬品メーカーHikma Pharmaceuticals社は、自社のサステナビリティ評価の測定ツールとして英国Credit360の情報管理ソフト「Credit360system」を採用することを決定した。 Credit360systemはすでに高く評価されており、現在、ハイネケンなど大手企業がすでに活用している。世界各国に生産拠点を持つHikma Pharmaceuticalsにとって、エネルギー使用量、労働慣行、二酸化炭素 [...]

» 続きを読む
2014/02/28 最新ニュース

【製造業】変わりつつある従業員の要求と、富士ゼロックスシンセンのEAP(従業員支援プログラム)

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、富士ゼロックスシンセンのEAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)の取り組みだ。2011年1月、CNBC Asia・CNBC USA・CNBC Europeで放送されているCSR専門番組「RESPONSIBLE BUSINESS」で、同社の取り組みが紹介された。中国は、数多くの外資系企業の進出によりこの30年で世界の工場として急速に成長した。そして、この経済成長の原動力と [...]

» 続きを読む
2014/02/27 事例を見る

【アジア】東京で「CSRアジア東京フォーラム2014」が開催

Facebook Twitter Google+

2月25日、東京都港区の電通ホールで「CSRアジア東京フォーラム2014」が開催され、企業のCSR担当者や行政担当者、NGO・NPO関係者など多くの参加者が集まった。 CSRアジアは2004年に香港でイギリス人のリチャード・ウェルフォード氏によって設立されたCSRコンサルティングファームで、香港、東京以外にもバンコク、クアラルンプール、シンガポール、ジャカルタなどに拠点を置き、今年で創設10周年となる。 午前の部では、CSRアジア創設 [...]

» 続きを読む
2014/02/27 最新ニュース

【アメリカ】世界で最高峰のサスティナビリティを実践するMotorola Solutions

Facebook Twitter Google+

通信機器世界大手のアメリカMotorola Solutionsは、世界で最もサスティナブルな企業を選ぶCorporate KnightsのGlobal 100に選出された。Corporate Knightsは投資リサーチ企業の世界大手で、世界4000社の中から毎年100社を選出している。Motorola Solutionsは、今回は50位を獲得。アメリカ企業は全部で18社しかランクインしていない。Global100は、12の定量指標に [...]

» 続きを読む
2014/02/21 最新ニュース
ページ上部へ戻る