private 【国際】国際海事機関、船上輸送インパクト最小化に向けた検討継続。各種ガイドライン作成

Facebook Twitter Google+

 国際海事機関(IMO)は2月17日、2月21日まで開催する汚染防止・対応小委員会(PPR)において、船上利用のため運搬された燃油の硫黄含有量検証ガイドライン案を完成させると発表した。同機関は1月より硫黄化合物排出の0.5%制限を施行しており、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る