【国際】NASAの観測衛星データ、地球の淡水量変化の規模および要因の解明に大きな成果

Facebook Twitter Google+

 5月17日発行の科学ジャーナルNatureに、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターのマット・ロデル研究者らチームが書いた地球の陸地における淡水貯留量の変化に関する論文「Emerging trends in global freshwater availability」が掲載された。同論文は、NASAとドイツ航空宇宙センター(DLR)が共同で人工衛星による地球重力場の観測を行うミッション「GRACE(Gravity Rec [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る