【7/9 東京・セミナー】その英文版レポートが誤解を生む?!

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年7月9日(木)に本社(東京都文京区)にてセミナー「その英文版レポートが誤解を生む?!」を開催いたします。  英文版レポートを制作する際、和文版レポートを「そのまま訳す」だけでは、伝えたい情報が伝わらなかったり、意図せず全く別の意味に誤解されてしまったりする可能性があります。  この度、世界100カ国以上にネットワークを広げる環境と経済と語学のスペシャリスト集団であるエコネットワークス(E [...]

» 続きを読む

【7/13-17 横浜・CSR研修】LRQAジャパン 「EICC労働・倫理 主任監査員研修」を実施

Facebook Twitter Google+

日本国内初!VERITE協力、EICC行動規範(version 5)対応主任監査員コース開催  LRQAでは、電気電子業界のCSRサプライチェーン管理のデファクトスタンダードともいえるEICC行動規範(version 5)に対応した主任監査員コースをLRQAとEICCの研修を提供するVERITEの協力により、日本国内で初めて開催いたします。  本研修は、活発な双方向・対話型の5日間ワークショップ形式で、社会システム監査、調査・質問のス [...]

» 続きを読む

【6/4 東京・セミナー】改めて知りたい統合報告<IR>の基礎

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年6月4日(木)に本社(東京都文京区)にてセミナー「改めて知りたい統合報告<IR>の基礎」を開催いたします。  統合報告書を発行する日本企業は年々増加しており、この動きは今後も続くことが予想されます。  統合報告書への移行には、CSR情報に加え、SRIの現状、ESG投資、IR(投資家向け広報)の変遷などの様々な動きを知っておく必要があるとシータス&ゼネラルプレスは考えています。  そこで、 [...]

» 続きを読む

【5/27 東京・緊急開催セミナー】「非財務情報の保証とは – CDPを含めた外部評価」

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年5月27日(水)に本社(東京都文京区)にてセミナー「非財務情報の保証とは - CDPを含めた外部評価」を開催いたします。  海外では社会・環境情報に第三者保証が付与されるケースが多くみられますが、日本において保証が付与されるのは限定的です。非財務情報の信頼性を担保する保証について、日本企業はどのように対応すべきでしょうか。  さらに、CDP質問書の回答期限が6月末に迫っています。質問への [...]

» 続きを読む

【5/22 東京・セミナー】JSIF主催「ESGを考慮した新興国フロンティア投資」を開催!

Facebook Twitter Google+

 社会的責任投資フォーラム(JSIF)は、ESG投資の最新の情報や取り組み等をお伝えする連続講座を開催中です。  第3回は「ESGを考慮した新興国フロンティア投資」をテーマにアライアンス・バーンスタイン株式会社のの遠藤勝利 氏、大岡正英 氏のお二方にご登壇いただきます。  アライアンス・バーンスタイン株式会社は、世界銀行グループの国際金融公社が公募した、中小新興国やフロンティア諸国の経済発展を支援するための株式投資プロジェクトを受注。 [...]

» 続きを読む

【5/27 東京・CSRセミナー】第5回東洋経済CSRセミナー「グローバル時代に求められるサプライチェーンマネジメント」を開催!

Facebook Twitter Google+

 東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を昨年4月から開催しています。5回目となる今回は、グローバルに活動を広げる企業が増えるなかで必要になってくるサプライチェーンマネジメントをテーマとして取り上げます。    新興国への事業展開が進むなかで、これまで先進国ではあまり問題にならなかった人権問題が企業の事業上のリスクとして大きくクローズアップされています。自社操業だけでなく、サプライヤーの労 [...]

» 続きを読む
2015/05/01 行動する

【4/14 東京・CSRセミナー】緊急セミナー「非財務情報開示の最先端の動向を探る」が開催!

Facebook Twitter Google+

非財務情報開示の最先端の動向を探る~企業は非財務情報開示の波にどう向き合うのか?~ GIST Advisory、Trucost、レスポンスアビリティ共催 この1、2年の間に、世界全体で、企業の非財務情報に関する動きが加速しています。欧州では、非財務情報開示の義務化、日本では日本版スチュワードシップコードやコーポレートガバナンス・コード、国際的には統合報告フレ-ムワークやGRI G4などが次々に出揃いました。 そのような中、企業はどう対 [...]

» 続きを読む

【4/21 東京・CSRセミナー】「実践! 持続可能なパーム油調達セミナー」が開催!

Facebook Twitter Google+

今年こそ、認証パーム油の調達に着手したいあなたへ  環境への影響に配慮した持続可能なパーム油を求める世界的な潮流を受け、ここ数年でRSPOに加盟する企業は飛躍的に増えました。しかし、認証制度自体が若く、サプライチェーンの対応にもまだ多くの課題を抱える中、認証油の調達体制を整えるためのハードルは必ずしも低いとはいえません。  RSPOの認証パーム油に関心はある。何かしなければいけないと考えているが、どこから手をつけていいかわからず、なか [...]

» 続きを読む

【3/16 東京・CSRセミナー】LRQAジャパン「ビジネスと人権最新動向セミナー」

Facebook Twitter Google+

LRQAジャパンが「ビジネスと人権最新動向セミナー」を開催! 国連「保護、尊重、救済」枠組み(通称:ラギーフレームワーク)や、国連ビジネスと人権に関する指導原則の発行を契機に、近年「ビジネスと人権」が大きな関心を集めています。サプライチェーンを含めた人権リスクへの対応は、今やグローバルなビジネスを展開する企業にとってCSRの最重要課題のひとつとなっています。また、近年、日本国内においても、NGOのアドボカシー活動も徐々に活発化しており [...]

» 続きを読む

【3/12.13 東京・資格講習】英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催!

Facebook Twitter Google+

グローバル企業に必須のCSRとは?英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習 世界の情勢の変化は著しく、CSRの分野でもグローバルな大きな流れが起きています。国際規格であるISO26000の発行、統合報告書への流れ、ビジネスと人権に関する取組の強化、紛争鉱物を含むサプライチェーンに関わる問題、欧州CSR戦略等、海外では企業を取り巻く状況が変化し、企業はその対応に迫られています。 今回ご紹介いたしますCSR資格 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る