【アメリカ】一般消費者は寄付よりも”社会的価値ある”商品の購入を好む傾向

Facebook Twitter Google+

コンサルティングファームのGood.Must.Grow.は、アメリカの一般消費者が、自身の社会貢献を考える時に、チャリティとして寄付するよりも、社会的に価値がある商品の購入を選ぶ傾向にあるとする調査結果を発表した。社会貢献を謳う企業や商品の増加などが背景にあるとみられる。しかし一方で、そのような商品に関する情報や知識の欠如により、消費行動の変化が妨げられているという課題も調査からは浮かび上がってきた。調査は2014年2~3月に1010 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る