【国際】紛争鉱物ガイドラインCFSI、調査代行サービスSource Intelligenceを第1号公式ベンダーに選定

Facebook Twitter Google+

 紛争鉱物に関する国際ガイドラインを制定しているConflict-Free Sourcing Initiative(CFSI)は10月7日、鉱物問題に関わるサプライチェーン情報の調査代行を行うSource Intelligence社を公式ベンダー第1号に選定したことを発表した。両者はこれまでも紛争鉱物関連の事業者データベースの構築などで協力してきたが、今後はさらに紛争鉱物に関連するサプライチェーンデータの共有など協力を深めていく。 【 [...]

» 続きを読む

【国際】CFSI、EUの新・紛争鉱物規則の遵守に向け企業を支援

Facebook Twitter Google+

 紛争鉱物に関する国際イニシアチブのConflict-Free Sourcing Initiative(以下、CFSI)は5月27日、先日欧州議会で採択されたEUの新・紛争鉱物規則案への遵守に向けて企業を支援すると発表した。  EUの新・紛争鉱物規則案の特徴は、米国ドッド・フランク法では対象外となっていた輸入・加工業者に対して、製錬・精錬業者が直接、間接を問わず紛争や深刻な人権侵害への資金融通に関わっていないことを独立した第三者機関を [...]

» 続きを読む

【国際】CFSI、最新の紛争鉱物報告書テンプレート(CMRT4.0)を公開

Facebook Twitter Google+

 紛争鉱物に関する国際ガイドラインを制定しているConflict-Free Sourcing Initiative(CFSI)は4月30日、最新の紛争鉱物報告テンプレートとなるCMRT 4.0を公開した。同テンプレートは紛争鉱物フリーの原材料調達を可能にするためのサプライチェーン全体における情報管理ツールで、今回のCMRT4.0では最新のStandard Smelter List(精錬所リスト)を含めて数多くの改善点が含まれている。 [...]

» 続きを読む

private 【レポーティング】サステナビリティ(CSR)報告ガイドラインを主導するグローバル機関

Facebook Twitter Google+

(図)サステナビリティ報告ガイドライン カオスマップ。Sustainable Japan作成。 複雑化するサステナビリティ(CSR)ガイドライン  サステナビリティ報告やCSR報告を担当する方々からよく受ける質問があります。「一体、どのガイドラインを参照すれば良いのか」。実はこの種類の問いは非常に回答に窮します。もちろん、有名なガイドラインはあります。例えばGRI、サステナビリティ報告についての包括的なガイドラインと言っても過言ではな [...]

» 続きを読む
2015/04/28 体系的に学ぶ

【アメリカ】紛争鉱物レポートフォーマット (CMRT) の改訂版が発表

Facebook Twitter Google+

Conflict-Free Sourcing Initiative (CFSI) は、4月10日に、紛争鉱物管理のためのレポートフォーマットである(CMRT)の新バージョン、CMRT3.0を発表した。現行のCMRT2.03a からCMRT3.0に更新されるにあたり、IPC標準規格にも準拠。産業横断的なツールとして、サプライチェーンにおける情報管理が容易になることが期待される。CMRT3.0の発行者であるCFSIは、紛争鉱物ソーシングに [...]

» 続きを読む

【ドイツ】スマートフォンのサステナビリティについて考えたことがありますか?

Facebook Twitter Google+

もはや、私たちの生活に欠かせない存在となりつつあるスマートフォン。皆さんはこのスマートフォンのサステナビリティについて考えてみたことがあるだろうか。 2012年だけで、世界中で約8億台のスマートフォンが販売された。これら大量のスマートフォンは、一体どこでどのように製造され、我々の手元に届き、廃棄されていくのだろうか。 今回ご紹介するのは、ドイツのデジタル教育メディア企業、edeos社が製作した動画だ。私たちにとって非常に身近な存在であ [...]

» 続きを読む
2014/02/24 最新ニュース

【カナダ】鉱業協会とストラトス社がECR賞を共同受賞、持続可能な鉱業に高い評価

Facebook Twitter Google+

カナダの鉱業協会(MAC)とサステナビリティ・コンサルティング・ファームのストラトス社が、持続可能な鉱業を主導する「TSMイニシアティブ」において顕著な実績を収めたとしてECR賞を受賞した。同賞は、カナダのCorporate Responsibilityの専門家たちが、持続的かつ倫理的ビジネスの手段や手法を生み出した団体に対し、その努力と貢献を評して授与するもの。TSMイニシアチブは、カナダの鉱業会によって2004年に立ち上げられ、鉱 [...]

» 続きを読む
2013/12/09 最新ニュース
ページ上部へ戻る