【戦略】新興国で興隆する新たなCSRリーダーシップの動き 〜インド・中国・中南米〜

Facebook Twitter Google+

重心から移動する世界経済  世界経済は今、欧米先進国中心だった時代から新興国が主要プレーヤーとして参加する時代へと大きく移りつつあります。2001年に投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって提唱されたBRICs。中国、インド、ロシア、ブラジルの4ヶ国を合わせたGDP合計は、1990年の1兆6700USドルから2013年には約15兆USドルへと飛躍的に上昇しています。特に中国、インドは21世紀には新たな経 [...]

» 続きを読む
2015/04/07 体系的に学ぶ

【レポーティング】統合報告による企業情報開示の変革 〜武田薬品工業社の成功事例〜

Facebook Twitter Google+

統合報告時代の到来企業の財務的利益とCSRの関係が新たな時代を迎えようとしています。これまで企業戦略構築において、脇役的な存在に追いやられていたサステナビリティ・CSRの重要性が大きく増しています。この新しいうねりを作り出しているキーワードは「統合報告」です。統合報告とは何か。その説明に入る前に、今まで語られてきた財務的利益とCSRの関係を少し振り返ってみましょう。CSRという言葉が普及し始めたのは20世紀後半。このときCSRは慈善活 [...]

» 続きを読む
2014/08/13 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る