【フランス】BNPパリバ、シェールオイル、シェールガス、オイルサンドへの融資を禁止

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは10月11日、低炭素社会への移行を推進するため、シェールオイル、シェールガス、オイルサンドの採掘、輸送、生成、流通、小売、貿易を主業務とする企業に関連するビジネスへの融資を禁止すると発表した。同資源のパイプライン、LNGターミナルに関するプロジェクトへの融資も同様に禁止する。さらに、北極圏での石油ガス開発に関するプロジェクトへの融資も禁止する。  今回の決定の背景について同社は、パリ協定で国際合意に至った [...]

» 続きを読む

private 【フランス】BNPパリバAM、グリーンボンド投資ファンド「Parvest Green Bond」設定

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバの運用子会社BNPパリバ・アセットマネジメントは10月4日、ルクセンブルク籍グリーンボンド投資ファンド「Parvest Green Bond」を新たに設定すると発表した。運用資産規模は1億ユーロ(約132億円)。投資対象銘柄は、同社で独自分析に選定する。グリーンボンド投資ファンドを立ち上げることで、顧客に対するESG投資メニューを拡充する。  グリーンボンド市場は世界的に急速に発展しており、今年6月にもフラ [...]

» 続きを読む

【国際】BNPパリバ、世界のESG投資の現状と動向を分析した報告書発表。ESG投資額は今後2年で2倍

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは7月6日、アセットオーナーと運用会社間のESGに関する意識とアクションを分析した報告書「ESG Global Survey 2017」を発表した。世界のアセットオーナーと運用会社は、今後2年間でESG投資額を2倍にしていくことを計画しているとともに、ESG投資に要するコストへの懸念が高まっていることが明らかとなった。  今回の報告書では、2017年2月から4月にかけてアセットオーナーと運用会社461社への [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバ財団、世界の気候変動研究に600万ユーロを提供

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手仏BNPパリバの財団であるBNPパリバ財団は6月6日、2017年から2019年の間に国際的な気候変動研究プロジェクト8件に対し、同財団のプログラ有無「気候イニシアチブ」から新たに600万ユーロ(約7.5億円)を投じると発表した。BNPパリバ財団は2010年から同イニシアチブプログラムを運営。今回投じる600万ユーロは、南極や熱帯雨林地域での過去の気候変動データ収集や、サンゴ礁への気候変動インパクトの評価、アフリカでの農業 [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバ、米ダコタ・アクセス・パイプラインへの融資から撤退

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手フランスのBNPパリバは4月5日、米国で社会的懸案となっている米ダコタ・アクセス・パイプライン事業への融資から撤退すると発表した。米ダコタ・アクセス・パイプラインは米国の大規模石油パイプライン事業。パイプラインが先住民ネイティブ・アメリカン部族の聖地や主要河川付近を通過することから、環境団体や先住民保護団体から大きな反対運動を起こしている。ダコタ・アクセス・パイプラインの融資総額は約25億米ドルで、そのうちBNPパリバの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る