【1/29 東京・CSRセミナー】第4回東洋経済CSRセミナー「投資にCSR情報は必要か?」を開催!

Facebook Twitter Google+

東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を4月から定期的に開催しています。今回はこれまでご要望の多かったCSR情報(ESG情報)の株式投資などへの活用について考えていきます。 日本版スチュワードシップ・コード、統合報告、などCSR情報(ESG情報、非財務情報)を活用して株式投資しようという動きが広まっています。一方で個人投資家をはじめ一般にはまだまだCSR情報と株式投資などとは結びにくいのが [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SRI投資額が2012年からの2年間で76%伸張、6.57兆ドルに

Facebook Twitter Google+

米国では社会や環境への影響を考慮したSRI(Sustainable・Responsible・Impact)投資の市場規模が急激に拡大している。2012年初めに3.74兆ドルだったSRI投資額は2014年初めには6.57兆ドルまで実に76%も伸張し、全米でプロが運用している資産のうち6ドルに 1ドル以上をSRI投資が占めたことになる。 これは、US SIF Foundationが2年に1度公表している調査報告書、”US Sustaina [...]

» 続きを読む

【国際】MSCI社、化石燃料銘柄を除いた新インデックスを発表

Facebook Twitter Google+

今後の低炭素社会を見据えた動きが投資の世界で広がりを見せている。世界中の投資家のベンチマークとして利用されているMSCI指数で有名なMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社は10月16日、化石燃料銘柄をネガティブ・スクリーニングした新たなSRIインデックス、MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexを発表した。 MSCI Global Fossil Fuels Exclu [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】トムソン・ロイター、ヨーロッパ企業のSRIインデックスを開始

Facebook Twitter Google+

ヨーロッパではサスティナビリティ投資の流れが更に加速することになりそうだ。トムソン・ロイターは9月2日、同社が提供する社会的責任インデックスThomson Reuters Corporate Responsibility Indices(CRI)の一部として、ヨーロッパに特化したSRIインデックス、The Thomson Reuters CRI Europe Indicesの開始を発表した。 投資家は、トムソン・ロイターの保有する一連 [...]

» 続きを読む

【アジア】アジア開発銀行ら、気候変動に特化したプライベート・エクイティ投資を開始

Facebook Twitter Google+

2014年8月4日、アジア開発銀行(以下、ADB)、オリックス株式会社(以下、オリックス)、Robeco Institutional Asset Management B.V.(以下、ロベコ)の三者はAsia Climate Partners(以下ACP)というジョイント・ベンチャーを設立し、アジアにおいて環境配慮型のビジネスを支援するプライベート・エクイティ投資を実施すると発表した。ACPは4億ドルの資産を持ち、香港に本部を置くこと [...]

» 続きを読む

【中南米】サステナリティクス、ラテンアメリカ地域における責任投資に関するレポートを公表

Facebook Twitter Google+

ESG調査・分析のリーディングカンパニー、サステナリティクス(Sustainalytics)は7月29日、ラテンアメリカ地域における責任投資の概況をまとめたレポート “Inversión Responsable y Sostenible: Visión General, Prácticas Actuales y Tendencias(Sustainable and Responsible Investing: Overview of [...]

» 続きを読む

【TED】世界を代表するSRI格付会社が語る、サステナビリティ投資の真実

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、世界を代表するSRI(社会的責任投資)調査・格付会社、RobecoSAMによるサステナビリティ投資の紹介動画だ。”The Truth Behind Sustainability Investing(サステナビリティ投資の隠れた真実)”と題し、人々のサステナビリティ投資に対する誤った考えに一つ一つ回答していきながら、とてもシンプルに分かりやすくサステナビリティ投資のポイントを説明してくれている。 RobecoSAMは [...]

» 続きを読む
2014/08/13 事例を見る

【アメリカ】KKR、プライベート・エクイティにおいても責任投資が価値創造につながることを実証

Facebook Twitter Google+

世界最大級のプライベート・エクイティ・ファンド、KKRは7月10日、「2013年度 環境・社会・ガバナンス(ESG)とCSR報告書・サステナビリティレポート報告書(原題:2013 Environmental, Social, and Governance (ESG) and Citizenship report)」を、同社の新たなプライベート・エクイティ・ESGポリシーとともに公開した。 第4版となるKKRのESGレポートでは、責任投 [...]

» 続きを読む

【スイス】スイス証券取引所が新たにSXIスイス・サステナビリティ 25インデックスを発表

Facebook Twitter Google+

スイス証券取引所は6月17日、SXI Switzerland Sustainability 25 Index(SXIスイス・サステナビリティ25インデックス)を開始したと発表した。この新しい指数はSMI Expanded Indexの中で最も高いサステナビリティ・スコアを獲得した25企業で構成されており、構成銘柄にはネスレ、ロシュ、クレディ・スイス、ノバルティス、アデコ、UBS、チューリッヒ保険などスイスを代表する企業が並んでいる。 [...]

» 続きを読む

【イギリス】サステナリティクス、史上初となるESG債券のためのフレームワークを開発

Facebook Twitter Google+

ESG投資リサーチ・分析大手のサステナリティクス(Sustainalytics)は6月25日、ESG Bond(ESG債券)の開発のためにイギリスの大手銀行・保険グループ、Lloyds Banking Group(ロイズ銀行グループ)と提携したと発表した。 サステナリティクスは、Thomson Reuters社が実施しているIRRI(Independent Research in Responsible Investment)調査で2 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る