【戦略】アジアCSRの最新事情 〜CSRアジアサミット2014参加レポート〜

Facebook Twitter Google+

2014年9月16日、17日、アジア地域で大きなネットワークを持つCSRコンサルティング会社・CSRアジアが香港で年次イベント「CSRアジアサミット2014」を開催、10周年となる今回のイベントには、アジア各国から事業会社、投資銀行、コンサルティング会社、NGOなど600人を超える参加者がアジアの20以上の国から集まりました。イベントでは、基調講演のほか24のテーマセッションが開催、会場となった香港のシャングリラ・ホテルにはところ狭し [...]

» 続きを読む
2014/09/28 体系的に学ぶ

【金融】富国生命投資顧問社インタビュー「SRIファンドと投資先企業との新たな関係性」

Facebook Twitter Google+

財務情報とともに社会・環境などの非財務情報にも配慮するSRIファンド。特に、以前「世界と日本のSRI・ESG投資最前線」でも紹介した、統合型(Integration)と呼ばれるSRIファンドが世界全体で急成長しています。 日本市場ではSRIファンドはまだ大きくはありません。ヨーロッパでは投資全体の49%が、米国では11%がSRIファンドで運用されている中、日本国内のSRIファンド割合は0.2%と非常に小さな存在です。日本市場のSRIは [...]

» 続きを読む
2014/09/06 事例を見る

【国際】国際取引所連合、サステナビリティ報告の統一基準づくりを開始

Facebook Twitter Google+

サステナビリティレポートのフォーマット統一の動きが投資家サイドから始まってきた。世界各国の証券取引所が加盟する国際取引所連合(WFE)が2014年6月ワーキング・グループを立ち上げ、サステナビリティ関連情報の情報開示についての議論を開始した。それに呼応する形で、サステナビリティ関連のシンクタンクである米Ceresは、世界最大の資産運用会社BlackRockを含む期間投資家と共同で、企業のサステナビリティ報告についての統一基準案を国際取 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Aaron’s社、Calvert Social Index®からの抹消勧告受ける

Facebook Twitter Google+

社会的責任投資(SRI)用のインデックス「Calvert Social Index®」を発表している米Calvert社は、同社のサステナビリティ調査部門がCalvert Social Index®の選定銘柄から米Aaron's社を外す勧告が提出されたと発表した。今回の提言が承認された場合、6月に行われるCalvert Social Index®委員会4半期定例会議の開催をもって、Aaron'sの登録抹消が実行される。 Calvert [...]

» 続きを読む

【TED】ESGと利益は両立する。サステナビリティ投資論。

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、TEDのサステナビリティに関する最新トーク、"The investment logic for sustainability(サステナビリティ投資論)"。TEDでは定期的にサステナビリティに関するプレゼン動画がアップされており、サステナビリティ分野における先駆者たちのプレゼンテーションから学べることは非常に多い。 今回のプレゼンターは、米国のボストンに本社を置く資産運用会社、State Street Global [...]

» 続きを読む
2014/02/17 事例を見る
ページ上部へ戻る