【食品・消費財】コカ・コーラ社に学ぶ経営戦略とサステナビリティの統合

Facebook Twitter Google+

 1886年5月アメリカ・ジョージア州アトランタの薬剤師ジョン・S・ペンバートン博士の薬品や飲みものを研究に端を発し、現在ではソフトドリンクメーカーとして世界的に圧倒的な知名度を誇るコカ・コーラ社。2014年末には世界での売上が65億1000万ユーロに達し、13万人近くの従業員を抱える企業へと成長を遂げました。また、同社はそのブランド力だけでなく、サステナビリティの分野においても先進企業として名を轟かせています。今回は同社におけるサス [...]

» 続きを読む
2015/07/01 事例を見る
ページ上部へ戻る