【ナイジェリア】UNEP、GEF、世界経済フォーラム、電子廃棄物リサイクル事業の健全化プロジェクト発足

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は6月20日、ナイジェリア政府、地球環境ファシリティ(GEF)、国連環境計画(UNEP)の3者がナイジェリアで電子機器のサーキューラーエコノミーを推進するイニシアチブを発足したと発表した。有害物質の危険に晒されている同国の非公式リサイクル事業を、合法的な正当なものに転換し、数千人にディーセント・ワークを提供していく考え。  ナイジェリアでは、毎年29万tの電子廃棄物が発生しており、2009年比では170% [...]

» 続きを読む

【ミャンマー】UNEP、持続可能な米作イニシアチブ開始。ノルウェーやスイス政府も支援

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は5月10日、ミャンマーで持続可能な米作イニシアチブ「Climate Smart Rice Project」を開始すると発表した。気候変動や自然災害に対応できる米作を目指す。今後3年をかけ、マンダレー、南シャン、モン、バゴーの地域で約4,000人の小規模農家を支援する。ミャンマー政府や農業関連企業とも協働する。  同プロジェクトは、ノルウェー開発協力庁(NORAD)とスイス開発庁(SDC)が資金を拠出し、UN [...]

» 続きを読む

【モンゴル・フィリピン】UNEP、人力小規模金採掘での水銀フリー工法導入プログラム発足

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は4月5日、モンゴルとフィリピンで、人力小規模金採掘(ASGM)現場で水銀使用を削減するイニシアチブを開始すると発表した。金採掘では、岩石から金を抽出するために過去水銀が用いられてきたが、水銀は水俣病で知られるように人体への悪影響が大きい。先進国では金採掘での水銀使用は禁止される傾向にあるものの、人力小規模金採掘での人力鉱区では未だに鉱員が水銀暴露状態にある。世界の金の20%はASGMで採掘されている。  今 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP、持続可能なコメ農業イニシアチブ「Sustainable Rice Landscapes Initiative」発足

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は3月26日、持続可能なコメ農業イニシアチブ「Sustainable Rice Landscapes Initiative」を発足したと発表した。UNEP、国連食糧農業機関(FAO)、ドイツ国際協力公社(GIZ)、国際稲研究所(IRRI)、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)、Sustainable Rice Platformが参加。持続可能なコメ生産に関する知見を共有しつつ、協働する。 【参考 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP、海洋保護区ガバナンスに関するガイダンス発行。政府関係者や実務家に参照推奨

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は4月2日、海洋保護区(MPA)のガバナンスに関するガイダンスを初めて発行した。海洋保護区は、海洋生態系の保護のため、政府等が設定する海域のこと。設定したMPAのガバナンスについては、各国で違いあり、それに応じて課題も異なる。今回のガイダンスでは、既存のMPAガイダンスを俯瞰して特徴をあぶり出し、対応課題を整理した。  今回のガイダンス作成にあたっては、先進国から発展途上国まで世界34ヶ所のMPAを分析。日本 [...]

» 続きを読む

【国際】ICMM、UNEP、PRI、鉱滓ダム国際基準の策定作業開始。ブラジル・ダム事故で関心高く

Facebook Twitter Google+

 国際金属・鉱業評議会(ICMM)、国連環境計画(UNEP)、国連責任投資原則(PRI)は3月27日、鉱滓ダムに関する国際基準を共同で策定すると発表した。同基準は、ICMMの加盟企業に適用されるとともに、UNEPとPRIは他の業界にも賛同を呼びかけている。  鉱滓ダムについては、1月にブラジルで「ブルマジーニョ尾鉱ダム」崩壊事故が発生。適切な管理の重要性が国際的に認識されるようになった。今後、3者は、マルスステークホルダー諮問パネルの [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP、171カ国の持続可能な生産と消費に関するデータ可視化ツールをリリース

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は3月13日、各国の持続可能な生産と消費を可視化したオンラインツールをリリースした。171カ国について1990年から2015年まで25年間の生産と消費に関するデータをまとめている。  今回のツールは、財とサービスのサプライチェーンを考慮した上で、環境インパクトを分析した。同ツールで扱っている項目は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】UNEP総会、SDGs達成には革新的手法必要と閣僚宣言採択。気候化学規制強化は見送り

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は3月11日から15日、ナイロビの本部で第4回総会を開催。170ヶ国以上から閣僚を含めた約4,700人が出席。閣僚宣言では、国連持続可能な開発目標(SDGs)での目標を達成するためには、これまでの連続ではなく、革新的なアプローチが必要となると表明した。しかし、UNEPを気候工学(ジオエンジニアリング)に関する監督機関とする提案については、反対国が出たため、見送られた。  気候工学(ジオエンジニアリング)とは、 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP、海洋プラスチック関連でレポート3本発表。各国政府向けのガイドラインも

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は3月12日、海洋プラスチック問題に関する3つのレポートを発行した。2010年時点のデータを包括的に分析するとともに、2025年までの予測を立てた。同時に、国際機関や各国政府が参照すべき海洋プラスチックに関するモニタリング・ガイドラインや、海洋プラスチックと女性が果たしてきた役割に関する現状分析もまとめた。  2010年時点で、192ヶ国から発生したプラスチック廃棄物は約2億7,500万t。そのうち480万t [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP、使い捨てプラスチックの各国規制レポート公表。小売店でのビニール袋配布規制導入は84ヶ国

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は3月11日 使い捨てプラスチックの製造・輸入・販売・使用に関する各国の法規制動向をまとめたレポートを発表した。2018年7月時点で、192ヶ国のうち127ヶ国が何らかの規制を導入していた。しかしそれでも毎年海洋プラスチックごみが800万t、企業はビニール袋を5兆枚製造しており、環境及び人体に対して問題となっている。  ビニール袋規制をしている127カ国のうち、小売店でのビニール袋配布を規制している国は (さ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る