【国際】「大規模自然災害の2018年被災者数は6170万人」国連国際防災戦略事務局

Facebook Twitter Google+

 国連国際防災戦略事務局(UNISDR)とベルギーにある災害疫学研究センター(CRED)は1月24日、2018年の異常気象災害死傷者数を発表。被災者数は6170万人、死者10,733人と発表した。国連防災世界会議の「仙台防災枠組2015-2030」等による災害リスクマネジメント強化の奏功もあり、死者数は減少傾向にある。  大規模自然災害による死者数は、2000年から2017年の年平均が77,144人。2018年は、壊滅的な津波や地震が [...]

» 続きを読む

【国際】国連国際防災戦略、過去20年間の自然災害経済損失325兆円。そのうち気候変動関連が77%

Facebook Twitter Google+

 国連国際防災戦略(UNISDR)は10月10日、1998年から2017年までの自然災害による経済損失額をまとめた報告書を発表した。この20年の自然災害経済損失額は2兆9,080億米ドル(約325兆円)。そのうち気候変動による経済損失額は全体77%を占める2兆2,245億米ドル(約252兆円だった)。  その前の20年間(1978年から1997年)は、自然災害経済損失額は1兆3,130億米ドル(約148兆円)、そのうち気候変動による経 [...]

» 続きを読む

【国際】国連国際防災戦略、仙台防災枠組に基づくオンライン情報開示ツールをリリース

Facebook Twitter Google+

 国連国際防災戦略(UNISDR)は3月1日、2015年3月に仙台で開催された第3回国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組(Sendai Framework for Disaster RiskReduction 2015-2030)」に基づき、包括的な情報収集・開示の取り組みを開始した。オンラインデータ開示ツール「Sendai Framework Monitor」を公開した。  仙台防災枠組は世界187ヶ国が採択し、達成ターゲット [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る